日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハーブ&テアニンの“癒やしゼリー”は入社3年目の女性が開発

 フジッコといえばCMでお馴染みの「おま~めさん!」を連想するが、少々意外な商品も。2003年3月に発売された「フルーツセラピー」シリーズで、フレッシュフルーツとナタデココ入りが特徴のフルーツゼリーだ。そのシリーズに先月1日、新商品が加わった。その名も「フルーツセラピーα(アルファ)」。「ベルガモット&レモン」「ローズヒップ&クランベリー」という2種類の風味がある。

 これらを企画したのがブランドマネジャー部の森依子さん(25)。入社3年目の商品プランナーだ。

「大学時代(昭和女子大生活科学部管理栄養学科)から管理栄養士を目指していたので、もともと食には興味がありました。フジッコを希望したのも、“健康創造企業”を標榜していたからです」

 森さんは入社当初、総菜部門を担当。デザートに携わるようになったのは去年4月から。新商品発売に向けて、若い女性の感性が必要とされたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事