男子は1人だけ…山形の共学高で“ハーレム状態”出現のワケ

公開日:  更新日:

 全校生徒480人のうち、男子はたったの1人――。こんな高校が話題になっている。

 この学校は山形県立鶴岡北高校。男女共学なのにこれまで入学試験を受ける男子がいなかったため、事実上の女子高になっていた。それがこの春の入学試験を経て、新入生160人の中に男子生徒が1人誕生したのだ。

 共学なのに、なぜ男子の入学志望者がいなかったのか。山形県教育委員会にこれまでの経緯を説明してもらった。

「鶴岡北高は戦前、町立の女子高だったのです。それが戦後の再編で鶴岡第一高校と合併して県立鶴岡高校となり、男女比は同じくらいになった。さらに1952年に同校は鶴岡北高と鶴岡南高に分かれ、このとき北高の女子の比率が高くなったうえに、もともと女子高のイメージが強いため、何十年にわたって地元の男子が志望しなくなったのです。しかしそれでは男子が入れる普通科高校が1校減ったことになる。そこで昨年、地元の中学の男子に受験して欲しいと呼びかけ、この春の試験で1人が入ったのです。競争率は1.04倍。男子トイレを3カ所増設し、更衣室も新設しました」(高校教育課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る