【東日本旅客鉄道】 社員優遇で長期休暇が充実

公開日: 更新日:

 北陸新幹線の車窓動画を公開中のJR東日本。

 管理職のAさん(40)は「年収は800万円でおおむね満足しています。賞与が6カ月なのですが、ここまで出す企業は少ないのではないでしょうか。確実に昇給することからキャリアモデルが描きやすく、若い社員のモチベーションが高いですね」と話す。

 昇進試験は年1回。一昨年、人事制度が改正され、管理職の他、専任職(スペシャリスト)が選択できるようになった。

「最近は中途採用を積極的に取り入れ、海外事業にも力を入れています」とAさんは続ける。

 産休や育休が最大3年間。フレックス出勤でメリハリの利いた勤務も可能なのだという。

「住宅手当や社食、施設割引や超勤手当など福利厚生は充実しています。JR東区間内の無料スイカが付与され、特急券の半額もある。20日ある年休を消化し、長期休暇を取る人もいます。ただ、鉄道会社なので遅刻や無断欠勤には厳しく、評価が下がり、懲戒もあります。ジョブローテーションは駅→車掌→運転士の順で8年間ほど勤務し、その後は適性に応じて配属が決まります。研修や社員教育に力を入れており、『社内通教』と呼ばれる各種通信教育を受けることも可能です」

 安定志向の社員なら“途中下車”はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る