【久光製薬】 東京マラソンはスポンサー枠で参加

公開日:  更新日:

 花粉シーズン真っ盛りでダントツに売れているアレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」。

 この薬を製造している同社に勤務するAさん(32)の年収は約600万円。Aさんは「サロンパスなどの主力製品の売れ行きもあり、毎年昇給するのはありがたいですね」と言ってこう続ける。

「ただ、成績によって100万円くらいは年収が変わってきます。チームの達成率も影響しますので、自分だけ頑張ってもダメ。いわゆる体育会系のノリが要求されます。宣伝やCMは東京本社の担当ですが、いまだに創業地(鳥栖市)の佐賀県出身者が出世しやすいなんて言われます」

 また、東京マラソンのスポンサー企業であるため、一般参加の競争率にかかわらず参加枠が割り当てられるとのこと。筋肉痛のスプレーを持ちながら参加した社員も多い。


「住宅補助は最大85%まで出ますので、地方勤務でも安心。福利厚生は全国のベネフィット・ステーション(福利厚生施設)が利用できます。MRと呼ばれる営業職は残業が多く、有休も取りにくい傾向にはありますが、最近は夜9時には退社するルールになり、改善されてきているようです。また、エクセレントMR試験に合格すると月5000円の手当が支給されます。ただ、MRは土日にドクターの講演会に駆り出されるのがつらいところです」とAさん。

 中田久美監督率いる女子バレーボール部も有名。大勢の社員が応援に足を運ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る