【久光製薬】 東京マラソンはスポンサー枠で参加

公開日: 更新日:

 花粉シーズン真っ盛りでダントツに売れているアレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」。

 この薬を製造している同社に勤務するAさん(32)の年収は約600万円。Aさんは「サロンパスなどの主力製品の売れ行きもあり、毎年昇給するのはありがたいですね」と言ってこう続ける。

「ただ、成績によって100万円くらいは年収が変わってきます。チームの達成率も影響しますので、自分だけ頑張ってもダメ。いわゆる体育会系のノリが要求されます。宣伝やCMは東京本社の担当ですが、いまだに創業地(鳥栖市)の佐賀県出身者が出世しやすいなんて言われます」

 また、東京マラソンのスポンサー企業であるため、一般参加の競争率にかかわらず参加枠が割り当てられるとのこと。筋肉痛のスプレーを持ちながら参加した社員も多い。


「住宅補助は最大85%まで出ますので、地方勤務でも安心。福利厚生は全国のベネフィット・ステーション(福利厚生施設)が利用できます。MRと呼ばれる営業職は残業が多く、有休も取りにくい傾向にはありますが、最近は夜9時には退社するルールになり、改善されてきているようです。また、エクセレントMR試験に合格すると月5000円の手当が支給されます。ただ、MRは土日にドクターの講演会に駆り出されるのがつらいところです」とAさん。

 中田久美監督率いる女子バレーボール部も有名。大勢の社員が応援に足を運ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る