【JFEスチール】ベア交渉が隔年なのが悔やまれる

公開日: 更新日:

「賃上げですか? ベースアップは平均でわずか1000円です。業績は好調なのに他の大手企業に比べて低いですね。今年は春闘がありませんし、すでに去年に決まっていましたから」

 こう嘆くのはJFEスチールのIさん(27)。 無理もない。鉄鋼大手労使の賃上げ交渉は2年に1回しかなく、すでに昨年の交渉で2000円(1年で1000円)と決まっているからだ。

 同社の昨年12月期の業績は売上高、経常利益ともに増収増益と好調。この賃上げの損を補うのが、経常利益に連動して増減額が決まる業績連動型ボーナスだ。

「業績好調のおかげで昨年のボーナスは20万円近くアップしました。今年度も増益は確実なのでさらにアップするでしょう。でも業績が落ちると下がるのでぜいたくはしないで貯蓄しています」

 昨年のボーナス額は、約150万円。基本給は約30万円。これに時間外手当を加えた月給は、約38万円。年収は600万円超になる。同世代の一般企業の平均と比べても150万円ほど高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る