北陸新幹線開通で注目度アップ 移住先としての「富山県研究」

公開日: 更新日:

 NHK連続テレビ小説「まれ」効果で、地方移住が注目されている。ドラマは、主人公・希が石川県輪島市役所に就職し、能登への移住者をサポート。舞台である輪島市は盛り上がっているが、同じ北陸地方で実は「富山県」も人気上昇中だ。

 ふるさと回帰支援センターの「ふるさと暮らし希望地域ランキング」によると、かつてベスト10“圏外”だった富山県は、2013年は7位、14年は9位と2年連続でトップ10入り。県外からの定住者などの実績(別表)を見ると、微増だが、このご時世では珍しく“右肩上がり”。県・市町村への定住相談件数も、156件(08年)→475件(13年)と急増。今春には北陸新幹線が開通(最短で東京駅から富山駅まで2時間8分)し、今後注目度は一段とアップするに違いない。

 興味深いデータがある。持ち家に住む世帯の割合(10年、国勢調査)は、全国1位(持ち家率78.3%)。1世帯あたりの居住室数も6.46室でこちらもトップ。東京は3.42室(08年、住宅・土地統計調査)だからうらやましい限り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る