北陸新幹線開通で注目度アップ 移住先としての「富山県研究」

公開日:  更新日:

 NHK連続テレビ小説「まれ」効果で、地方移住が注目されている。ドラマは、主人公・希が石川県輪島市役所に就職し、能登への移住者をサポート。舞台である輪島市は盛り上がっているが、同じ北陸地方で実は「富山県」も人気上昇中だ。

 ふるさと回帰支援センターの「ふるさと暮らし希望地域ランキング」によると、かつてベスト10“圏外”だった富山県は、2013年は7位、14年は9位と2年連続でトップ10入り。県外からの定住者などの実績(別表)を見ると、微増だが、このご時世では珍しく“右肩上がり”。県・市町村への定住相談件数も、156件(08年)→475件(13年)と急増。今春には北陸新幹線が開通(最短で東京駅から富山駅まで2時間8分)し、今後注目度は一段とアップするに違いない。

 興味深いデータがある。持ち家に住む世帯の割合(10年、国勢調査)は、全国1位(持ち家率78.3%)。1世帯あたりの居住室数も6.46室でこちらもトップ。東京は3.42室(08年、住宅・土地統計調査)だからうらやましい限り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る