移住人気ベスト3「山梨」「長野」「岡山」 県民性と付き合い方

公開日:  更新日:

「地方に住むなら山梨」――。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京・有楽町)が昨年、来場者2885人に都会から地方に移るとしたらどこがいいかを聞いたところ、山梨が僅差で初の1位に。以下、長野、岡山、福島、新潟の順である。何が魅力なのか。「月10万円で豊かに生きる田舎暮らし」の著者で作家の高島徹治氏はこう分析する。

「山梨の場合、イメージ戦略が成功しました。都内には山梨の桃畑をPRする観光ポスターがたくさん張られているため、風光明媚な印象が広まったのでしょう。世界遺産の富士山を見ながらスローライフを楽しめるし、県のハローワーク職員が上京して、移住後の仕事を紹介するなどの活動をしているのも大きい。長野は、男女ともに平均寿命が1位になりました。県が病気を撃退しようという取り組みをしているので安心感があります。岡山は気候が温暖な上に、地震が少ないといわれる場所。ここも桃の産地で、県民は桃の花見を楽しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る