• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移住人気ベスト3「山梨」「長野」「岡山」 県民性と付き合い方

「地方に住むなら山梨」――。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京・有楽町)が昨年、来場者2885人に都会から地方に移るとしたらどこがいいかを聞いたところ、山梨が僅差で初の1位に。以下、長野、岡山、福島、新潟の順である。何が魅力なのか。「月10万円で豊かに生きる田舎暮らし」の著者で作家の高島徹治氏はこう分析する。

「山梨の場合、イメージ戦略が成功しました。都内には山梨の桃畑をPRする観光ポスターがたくさん張られているため、風光明媚な印象が広まったのでしょう。世界遺産の富士山を見ながらスローライフを楽しめるし、県のハローワーク職員が上京して、移住後の仕事を紹介するなどの活動をしているのも大きい。長野は、男女ともに平均寿命が1位になりました。県が病気を撃退しようという取り組みをしているので安心感があります。岡山は気候が温暖な上に、地震が少ないといわれる場所。ここも桃の産地で、県民は桃の花見を楽しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る