• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移住人気ベスト3「山梨」「長野」「岡山」 県民性と付き合い方

「地方に住むなら山梨」――。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京・有楽町)が昨年、来場者2885人に都会から地方に移るとしたらどこがいいかを聞いたところ、山梨が僅差で初の1位に。以下、長野、岡山、福島、新潟の順である。何が魅力なのか。「月10万円で豊かに生きる田舎暮らし」の著者で作家の高島徹治氏はこう分析する。

「山梨の場合、イメージ戦略が成功しました。都内には山梨の桃畑をPRする観光ポスターがたくさん張られているため、風光明媚な印象が広まったのでしょう。世界遺産の富士山を見ながらスローライフを楽しめるし、県のハローワーク職員が上京して、移住後の仕事を紹介するなどの活動をしているのも大きい。長野は、男女ともに平均寿命が1位になりました。県が病気を撃退しようという取り組みをしているので安心感があります。岡山は気候が温暖な上に、地震が少ないといわれる場所。ここも桃の産地で、県民は桃の花見を楽しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る