移住人気ベスト3「山梨」「長野」「岡山」 県民性と付き合い方

公開日: 更新日:

「地方に住むなら山梨」――。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京・有楽町)が昨年、来場者2885人に都会から地方に移るとしたらどこがいいかを聞いたところ、山梨が僅差で初の1位に。以下、長野、岡山、福島、新潟の順である。何が魅力なのか。「月10万円で豊かに生きる田舎暮らし」の著者で作家の高島徹治氏はこう分析する。

「山梨の場合、イメージ戦略が成功しました。都内には山梨の桃畑をPRする観光ポスターがたくさん張られているため、風光明媚な印象が広まったのでしょう。世界遺産の富士山を見ながらスローライフを楽しめるし、県のハローワーク職員が上京して、移住後の仕事を紹介するなどの活動をしているのも大きい。長野は、男女ともに平均寿命が1位になりました。県が病気を撃退しようという取り組みをしているので安心感があります。岡山は気候が温暖な上に、地震が少ないといわれる場所。ここも桃の産地で、県民は桃の花見を楽しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る