西日本に患者集中…ダニに刺されて死ぬ“奇病”は致死率3割

公開日:  更新日:

 このゴールデンウイークは、虫に注意した方がいい。デング熱はヒトスジシマカがウイルスを媒介するのに加え、マダニに噛まれて発病する“奇病”が拡大しているのだ。

“奇病”は「日本紅斑熱」で、最悪の場合、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を引き起こし命を落とす。先日、マダニに噛まれてウイルス感染した香川の男性が死亡した。

「日本紅斑熱は90年代から感染者が増え、昨年は200人近くに増加しました。それに伴い、2年前に国内感染が初めて確認されたSFTSも拡大していて、今月8日までに110人が発症。そのうち32人が亡くなっています。致死率は3割近い。感染者数は少ないですが、要注意です」(東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏=感染症)

 蚊に刺されてから3~7日で発症するデング熱は高熱のほか、頭や目、関節などの痛みが主な症状。最悪の出血熱に進行すると、こちらも死亡リスクがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る