「浄水・整水器」売れ筋の決め手は“カートリッジ寿命”

公開日:  更新日:

 体の約7割を占める水は美容にも健康にも重要。日本の浄水器の普及率は37.7%(浄水器協会2013年調べ)と上昇中だ。整水器も含めて「ヤマダ電機LABI1日本総本店池袋」で売れ筋を聞いた。

「蛇口取り付け型の浄水器TK─CJ21(パナソニック・1万1313円=税別)が1番です。決め手はカートリッジの寿命の長さ。使い方にもよりますが、一般的には3カ月に1回交換なのに対し、これは1日10リットルで約1年もつのでランニングコストが断然低いです」(セールスアドバイザーの武田彩奈さん)

 除去できる物質は、発がん性があるといわれるトリハロメタンをはじめ、カルキやカビ臭など9項目。液晶で「残り何リットル」とカートリッジ交換目安が表示されるのも魅力だ。

「2番は、クリンスイMD201(三菱レイヨン・7312円=同)。カートリッジ寿命は約3カ月ですが、除去物質が1番の商品より5項目多い浄水器です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る