「ランニングシューズ」は足が空気に包まれる“密着感”が人気

公開日: 更新日:

 若葉の季節、健康のためにランニングを始めようと考える人もいるだろう。創立20周年を迎えた「スポーツオーソリティ」の中でも、およそ20メーカー、約1000種のランニングシューズが揃う「幕張新都心店」の売れ筋は?

「1番はZポンプフュージョン(リーボック・1万3932円=税込み)です。自分で空気を入れてフィット感を調整できるのが最大の特徴。足の形を選ばない点、優れた屈曲性と軽さは、初心者ランナーに最適です」(ランニング専門スペシャリストの高橋武将さん)

 靴ひもを解かずに脱着できる簡単さも魅力。縫い目がなく変に当たる部分もない。街履きと兼用する人も多いようだ。

「2番はイグナイト(プーマ・1万2980円=同)という反発性と安定性に富んだ商品です。軟らかく前に進みやすいので、ハーフマラソンなどにも適しています。幅が細めのイメージのあるメーカーですが、これは幅が広めで、比較的日本人にも合います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  4. 4

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  5. 5

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  6. 6

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  7. 7

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  8. 8

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  9. 9

    コロナ再拡大で東京アラート発動 原因は飲食店クラスター

  10. 10

    毎年のようにケガ、ケガ…柳田悠岐は「不器用な頑張り屋」

もっと見る