「ランニングシューズ」は足が空気に包まれる“密着感”が人気

公開日:  更新日:

 若葉の季節、健康のためにランニングを始めようと考える人もいるだろう。創立20周年を迎えた「スポーツオーソリティ」の中でも、およそ20メーカー、約1000種のランニングシューズが揃う「幕張新都心店」の売れ筋は?

「1番はZポンプフュージョン(リーボック・1万3932円=税込み)です。自分で空気を入れてフィット感を調整できるのが最大の特徴。足の形を選ばない点、優れた屈曲性と軽さは、初心者ランナーに最適です」(ランニング専門スペシャリストの高橋武将さん)

 靴ひもを解かずに脱着できる簡単さも魅力。縫い目がなく変に当たる部分もない。街履きと兼用する人も多いようだ。

「2番はイグナイト(プーマ・1万2980円=同)という反発性と安定性に富んだ商品です。軟らかく前に進みやすいので、ハーフマラソンなどにも適しています。幅が細めのイメージのあるメーカーですが、これは幅が広めで、比較的日本人にも合います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る