• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「活動量計」シンプルで基本機能を備えたお手頃価格が人気

 歩数はもちろん、家事、オフィスワーク、睡眠時といった1日の活動における総消費カロリーを計測できるのが活動量計。普段の活動量が可視化でき、健康管理やダイエットにやる気を起こしてくれるアイテムとして注目されている。「ビックカメラ渋谷東口別館」の売れ筋は?

「1番は、フレックスFB401(フィットビット・1万800円=税別)です。歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間、睡眠サイクルなどを測れます。活動量計の基本を備えていて、お手頃な価格なのが人気の理由だと思います。生活防水が多い中、完全防水なのも特徴です」(担当の小野里美さん)

 全5色から選べるシンプルなリストバンド型で、データはスマホやPCなどに表示する。20~30代前半の男性に人気とのこと。

「2番は、スマートバンドトークSWR30(ソニー・1万7880円=同)です。ブルートゥースでスマホと連動できるウオッチ型です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る