• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「活動量計」シンプルで基本機能を備えたお手頃価格が人気

 歩数はもちろん、家事、オフィスワーク、睡眠時といった1日の活動における総消費カロリーを計測できるのが活動量計。普段の活動量が可視化でき、健康管理やダイエットにやる気を起こしてくれるアイテムとして注目されている。「ビックカメラ渋谷東口別館」の売れ筋は?

「1番は、フレックスFB401(フィットビット・1万800円=税別)です。歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間、睡眠サイクルなどを測れます。活動量計の基本を備えていて、お手頃な価格なのが人気の理由だと思います。生活防水が多い中、完全防水なのも特徴です」(担当の小野里美さん)

 全5色から選べるシンプルなリストバンド型で、データはスマホやPCなどに表示する。20~30代前半の男性に人気とのこと。

「2番は、スマートバンドトークSWR30(ソニー・1万7880円=同)です。ブルートゥースでスマホと連動できるウオッチ型です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る