「漢方薬」男性には肝臓の働きを助けるタイプが1番人気

公開日:  更新日:

 なんとなく体調は気になるが、病院に行くほどでもない。そんなときに利用したいのが漢方だ。

「イスクラ薬局日本橋店」で、この時季、男性に売れ筋の漢方は?

「1番は『木鶏丹』(オリジナル・5粒×30袋1万2000円=税別)です。五臓の『肝』の働きに良いとされる健康食品で、お酒をよく飲む人に人気です」(国際中医専門員・櫻井大典店長)

 歓送迎会の多い今は特によく売れる。翌日にお酒が残りやすい人にはおすすめだ。1袋(450円)から販売しているのがありがたい。

「2番は『衛益顆粒s』(オリジナル・90包8000円=同)。粘膜や皮膚を強化して外的刺激から体を守る漢方薬です。花粉、風邪の菌、ウイルスなど“外”の影響を受けやすい人に効果があります」

 春の花粉症対策なら、年末あたりから飲み始めるのが効果的とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る