• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「体組成計」はスマホにデータ転送できるタイプが人気

 脂肪や骨、筋肉などの体組成を推定して表示する体組成計は健康管理の強い味方。「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」の売れ筋は?

「1番はカラダスキャンHBF-254C(オムロン・1万530円=税込み)です。測れるのは体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝、骨格筋率、体年齢、BMI(肥満度指数)の7項目。データはアイフォーン、スマートフォン、PC(別売りのUSB通信トレイが必要)に転送でき、最大30回分のデータをグラフ化して管理できるのが特徴です」(アドバイザーの澤本武門さん)

 初回に身長、年齢、性別を登録すると2回目以降は乗っただけで誰かを自動認識(登録4人まで)し、約4秒で測定終了。体重は50グラム単位で計測できる。ガラス天板なので手入れも簡単だ。

「2番のインナースキャンデュアルRD-901(タニタ・1万3290円=同)は、2種類の周波数で測定する精度の高さが特徴です。1番の商品にプラスして体水分率と推定骨量を加えた9項目が測れる点や、男性好みのデザイン性も人気の理由です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る