「体組成計」はスマホにデータ転送できるタイプが人気

公開日:  更新日:

 脂肪や骨、筋肉などの体組成を推定して表示する体組成計は健康管理の強い味方。「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」の売れ筋は?

「1番はカラダスキャンHBF-254C(オムロン・1万530円=税込み)です。測れるのは体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝、骨格筋率、体年齢、BMI(肥満度指数)の7項目。データはアイフォーン、スマートフォン、PC(別売りのUSB通信トレイが必要)に転送でき、最大30回分のデータをグラフ化して管理できるのが特徴です」(アドバイザーの澤本武門さん)

 初回に身長、年齢、性別を登録すると2回目以降は乗っただけで誰かを自動認識(登録4人まで)し、約4秒で測定終了。体重は50グラム単位で計測できる。ガラス天板なので手入れも簡単だ。

「2番のインナースキャンデュアルRD-901(タニタ・1万3290円=同)は、2種類の周波数で測定する精度の高さが特徴です。1番の商品にプラスして体水分率と推定骨量を加えた9項目が測れる点や、男性好みのデザイン性も人気の理由です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る