• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「体組成計」はスマホにデータ転送できるタイプが人気

 脂肪や骨、筋肉などの体組成を推定して表示する体組成計は健康管理の強い味方。「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」の売れ筋は?

「1番はカラダスキャンHBF-254C(オムロン・1万530円=税込み)です。測れるのは体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝、骨格筋率、体年齢、BMI(肥満度指数)の7項目。データはアイフォーン、スマートフォン、PC(別売りのUSB通信トレイが必要)に転送でき、最大30回分のデータをグラフ化して管理できるのが特徴です」(アドバイザーの澤本武門さん)

 初回に身長、年齢、性別を登録すると2回目以降は乗っただけで誰かを自動認識(登録4人まで)し、約4秒で測定終了。体重は50グラム単位で計測できる。ガラス天板なので手入れも簡単だ。

「2番のインナースキャンデュアルRD-901(タニタ・1万3290円=同)は、2種類の周波数で測定する精度の高さが特徴です。1番の商品にプラスして体水分率と推定骨量を加えた9項目が測れる点や、男性好みのデザイン性も人気の理由です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る