哀川翔もお気に入り!浅草の裏通りにある人気洋食店「ぱいち」

公開日:  更新日:

 多くの映画でヤクザ役を熱演してきた、“Vシネマの帝王”といえば哀川翔(54)。本業のかたわらバラエティー番組にも出演し、昨年は自らの人生訓をつづった書籍も出版、活躍の幅はますます広がっている。

 そんな哀川の行きつけは東京・下町の人気洋食店「ぱいち」。場所は地下鉄浅草駅から徒歩5分ほど。裏通りに店を構える昭和11年創業の老舗で、現在は3代目店主が切り盛りしている。

 れっきとした洋食店でありながら、外観は瓦屋根、中は座敷にカウンターとまるで定食屋か居酒屋のような造り。くつろいだ雰囲気と、昔ながらの手作りの味わいが、地元客を中心に世代を超えて親しまれてきた。

 そんな常連のお目当ては、この店の名物「ビーフシチュー」(2200円)。牛スジと野菜を4日間かけて煮込んだあと、さらに牛バラ肉を加えて丸一日、煮込むという手間のかけよう。そんな極上のシチューが鍋料理のごとく、鉄鍋で供されるのもおもしろい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る