渡辺えりが下積み時代にバイト、今も馴染みの居酒屋「おでん やま」

公開日:  更新日:

 劇作家、演出家としても活躍している女優の渡辺えり(60)。下積み時代を過ごした東京・池袋で、かつてアルバイトをしていたのが「おでん やま」だ。

 場所は池袋駅西口から徒歩4分ほど。昭和レトロな商業施設「ロサ会館」の2階で40年以上支持されてきた家庭的な居酒屋だ。客席はおでんを囲むカウンターと小さなテーブル席のみ。そのこぢんまりとした空間でくつろぎながら、熱々のおでんと手作りの一品料理をゆっくりと味わえる。

 客は長年、通い続けるお馴染みがほとんど。常連を引きつける最大の理由はダシにある。

「2種類のかつお節と日高昆布を使って、ダシをとっています。もう40年以上ずっとつぎ足しで、昔ながらの味を守り続けているんです」とは女将。自慢のダシでじっくりと煮込んだおでんはどれも味が中まで染みて、懐かしく優しい味わいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る