渡辺えりが下積み時代にバイト、今も馴染みの居酒屋「おでん やま」

公開日: 更新日:

 劇作家、演出家としても活躍している女優の渡辺えり(60)。下積み時代を過ごした東京・池袋で、かつてアルバイトをしていたのが「おでん やま」だ。

 場所は池袋駅西口から徒歩4分ほど。昭和レトロな商業施設「ロサ会館」の2階で40年以上支持されてきた家庭的な居酒屋だ。客席はおでんを囲むカウンターと小さなテーブル席のみ。そのこぢんまりとした空間でくつろぎながら、熱々のおでんと手作りの一品料理をゆっくりと味わえる。

 客は長年、通い続けるお馴染みがほとんど。常連を引きつける最大の理由はダシにある。

「2種類のかつお節と日高昆布を使って、ダシをとっています。もう40年以上ずっとつぎ足しで、昔ながらの味を守り続けているんです」とは女将。自慢のダシでじっくりと煮込んだおでんはどれも味が中まで染みて、懐かしく優しい味わいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る