最強はOかBか 血液型で違う「食中毒」発症する人しない人

公開日: 更新日:

 血液型の一般論として食中毒のなりやすさを調べると、O型が最強なのだが、こと食中毒の7割を占めるノロウイルスに限ると、話は変わる。

「ノロウイルスは複数のタイプがありますが、最も典型的なタイプは、O型の赤血球の表面にあるレセプターに結合しやすいことが分かりました。逆にB型とAB型には、レセプターがないため、理論上はほとんど感染しません」

 血液型のほか、体の特徴からも食中毒のなりやすさが分かる。

 たとえば、排便の状態なら便秘の人、肌ツヤは吹き出物やヘルペスなどができやすい人、食べ物の好みは肉好きで野菜嫌いの人が食中毒になりやすいという。

「食中毒のなりやすさは最終的に免疫力の強さで決まります。その免疫力を左右するのは、腸内細菌の状態。便秘の人は腸内細菌が不十分なので、食中毒になりやすい。腸内細菌は野菜や海藻に含まれる繊維質をエサに活動しますから、肉ばかり食べている人は危うい。また、腸内細菌はビタミンやミネラルなどの合成にも関与。吹き出物などができやすい人は、そういう合成が不十分と考えられ、やっぱり腸内細菌の状態がよくない。ですから、こういうタイプは食中毒になりやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る