• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長梅雨が招く景気悪化 93年並み日照不足でGDP9000億円減

 この夏、景気が急速に悪化する恐れが出てきた。原因は、日照不足だ。

 気象庁によると、昨年6月から発生しているエルニーニョ現象によって、今年の梅雨は長引くという。第一生命経済研究所主席エコノミストの永浜利広氏が、梅雨の長期化と景気との関係について詳細なリポートをまとめている。

 リポート「今年も政策対応を左右するエルニーニョ」によると、〈7―9月期の日照時間が前年比10%減少することで、同時期の実質家計消費を0.43%押し下げる〉という。

 仮に今年の日照時間が、梅雨が長引いた1993年並みになると、家計消費を約1兆2000億円押し下げ、実質GDPは約9000億円ものマイナスになるという。93年といえば、記録的な冷夏による「平成の米騒動」で日本中がテンヤワンヤだった年だ。バブル崩壊後の「第1次平成不況」の時期ともピタリとあてはまる。同じく、梅雨が長かった03年も景気が落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る