長梅雨が招く景気悪化 93年並み日照不足でGDP9000億円減

公開日: 更新日:

 この夏、景気が急速に悪化する恐れが出てきた。原因は、日照不足だ。

 気象庁によると、昨年6月から発生しているエルニーニョ現象によって、今年の梅雨は長引くという。第一生命経済研究所主席エコノミストの永浜利広氏が、梅雨の長期化と景気との関係について詳細なリポートをまとめている。

 リポート「今年も政策対応を左右するエルニーニョ」によると、〈7―9月期の日照時間が前年比10%減少することで、同時期の実質家計消費を0.43%押し下げる〉という。

 仮に今年の日照時間が、梅雨が長引いた1993年並みになると、家計消費を約1兆2000億円押し下げ、実質GDPは約9000億円ものマイナスになるという。93年といえば、記録的な冷夏による「平成の米騒動」で日本中がテンヤワンヤだった年だ。バブル崩壊後の「第1次平成不況」の時期ともピタリとあてはまる。同じく、梅雨が長かった03年も景気が落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る