各地でゲリラ豪雨…梅雨前線は九州なのに全国で被害の理由

公開日: 更新日:

 梅雨シーズンの雨をいっぺんに降らしたようなゲリラ豪雨が、全国各地で相次いでいる。三重・尾鷲では、24時間の雨量が例年の6月1カ月分の410ミリを記録。埼玉のときがわ町や東京の青梅、八王子では6月の観測記録を更新している。梅雨の中休みを挟み、天候は12日にかけて再び大荒れだという。しかし、梅雨前線は沖縄から九州の辺りに停滞している。九州や四国はともかく、全国的に大雨なのはなぜか。気象予報士・森田正光氏が言う。

「日本の南にある低気圧は、東側の移動性高気圧にブロックされ、停滞しています。そこに向かって、南からの湿った風が吹き込み続け、北からの寒気とぶつかったため、豪雨が続いたのです。だから、梅雨前線の影響ではありませんでしたが、あす12日にかけては前線の足が東に延びるため、関東から東海の太平洋沿岸は前線の影響も重なって大雨になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る