各地でゲリラ豪雨…梅雨前線は九州なのに全国で被害の理由

公開日:  更新日:

 梅雨シーズンの雨をいっぺんに降らしたようなゲリラ豪雨が、全国各地で相次いでいる。三重・尾鷲では、24時間の雨量が例年の6月1カ月分の410ミリを記録。埼玉のときがわ町や東京の青梅、八王子では6月の観測記録を更新している。梅雨の中休みを挟み、天候は12日にかけて再び大荒れだという。しかし、梅雨前線は沖縄から九州の辺りに停滞している。九州や四国はともかく、全国的に大雨なのはなぜか。気象予報士・森田正光氏が言う。

「日本の南にある低気圧は、東側の移動性高気圧にブロックされ、停滞しています。そこに向かって、南からの湿った風が吹き込み続け、北からの寒気とぶつかったため、豪雨が続いたのです。だから、梅雨前線の影響ではありませんでしたが、あす12日にかけては前線の足が東に延びるため、関東から東海の太平洋沿岸は前線の影響も重なって大雨になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る