各地でゲリラ豪雨…梅雨前線は九州なのに全国で被害の理由

公開日: 更新日:

 梅雨シーズンの雨をいっぺんに降らしたようなゲリラ豪雨が、全国各地で相次いでいる。三重・尾鷲では、24時間の雨量が例年の6月1カ月分の410ミリを記録。埼玉のときがわ町や東京の青梅、八王子では6月の観測記録を更新している。梅雨の中休みを挟み、天候は12日にかけて再び大荒れだという。しかし、梅雨前線は沖縄から九州の辺りに停滞している。九州や四国はともかく、全国的に大雨なのはなぜか。気象予報士・森田正光氏が言う。

「日本の南にある低気圧は、東側の移動性高気圧にブロックされ、停滞しています。そこに向かって、南からの湿った風が吹き込み続け、北からの寒気とぶつかったため、豪雨が続いたのです。だから、梅雨前線の影響ではありませんでしたが、あす12日にかけては前線の足が東に延びるため、関東から東海の太平洋沿岸は前線の影響も重なって大雨になりそうです」

■関東や東北内陸で頻発

 日本上空の寒気は、グルグル回転している。遠心力で膨らんだ端っこが何度となく通過したエリアは、そのたびにゲリラ豪雨に襲われた。短時間にゲリラ豪雨が何度も発生したのは、そのためだ。しかも、今回のような気圧配置だと、関東や東北の内陸に雷が起こりやすく、ゲリラ雷雨になる。いち早く察知することはできないか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す