騒動から8カ月…「東京駅開業記念Suica」は今どうなってる

公開日: 更新日:

 あれから8カ月……。東京駅開業100周年記念「Suica」はどうなっているのか?

 発売当日の昨年12月には、1万5000枚限定のプレミアを求め、泊まり込みを含め9000人が大行列。あまりのフィーバーぶりにJR東日本は販売を中止し、2日後に「希望者全員に販売する」と発表したアレだ。

 すっかり過去の記憶になってしまった感もあるが、その記念スイカ(写真)がようやく発送され始めている(10月までに順次発送)。

 その数、実に約499万1000枚。定価は2000円だから、JR東日本は100億円の売り上げだ。

 日刊ゲンダイの既報通り、プレミアによる値上がりの可能性はゼロ。通常、1万枚限定程度でなければプレミアはつかないという。

「話題性につられて2枚も買ってしまった。よく考えたら、いま使用している普通のスイカがあるので、記念スイカは2枚も必要ない。奥さんに無駄遣いと叱られました」(購入者のひとり)

 街の金券ショップに行けば、今度は2000円ほどで売られている記念スイカが“大行列”しているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る