専門家に聞く 蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の差は?

公開日: 更新日:

 今年もデング熱の流行が懸念されている。デング熱は、海外で感染して国内で発症した人を刺した蚊(ヒトスジシマカ)が、別の人を刺すことによって感染拡大する。すでに輸入感染者は6月初めで100人を突破。昨年の同時期よりも多い。

 一番の予防策は、蚊のいそうな場所(ヒトスジシマカは草むらなど)に近づかないことだが、そもそも刺されやすい人と刺されにくい人の差はあるのか。

「日本環境衛生センター」の担当者によると、蚊は人間の「呼吸(二酸化炭素)」「体温」「臭い」に反応して近づいてくるという。例えば、運動して呼吸が荒くなっている人や、体温が高い子ども、お酒の臭いをプンプンさせている酔っぱらいなどが大好物。その他、黒い服を着ている人や血液型がO型の人も刺されやすいという報告があるが、「因果関係はわかっていない」(同センター担当者)そうだ。イギリスの大学では「遺伝子によって違う」と唱える学者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る