専門家に聞く 蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の差は?

公開日: 更新日:

 今年もデング熱の流行が懸念されている。デング熱は、海外で感染して国内で発症した人を刺した蚊(ヒトスジシマカ)が、別の人を刺すことによって感染拡大する。すでに輸入感染者は6月初めで100人を突破。昨年の同時期よりも多い。

 一番の予防策は、蚊のいそうな場所(ヒトスジシマカは草むらなど)に近づかないことだが、そもそも刺されやすい人と刺されにくい人の差はあるのか。

「日本環境衛生センター」の担当者によると、蚊は人間の「呼吸(二酸化炭素)」「体温」「臭い」に反応して近づいてくるという。例えば、運動して呼吸が荒くなっている人や、体温が高い子ども、お酒の臭いをプンプンさせている酔っぱらいなどが大好物。その他、黒い服を着ている人や血液型がO型の人も刺されやすいという報告があるが、「因果関係はわかっていない」(同センター担当者)そうだ。イギリスの大学では「遺伝子によって違う」と唱える学者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る