テニス王者実践 小麦食べない「グルテンフリー」は効くのか?

公開日: 更新日:

 小麦を食べない「ノングルテン食」が注目されている。

 発端は、プロテニスプレーヤーのジョコビッチ。体力が増し、ボールに反応するスピードが別人のように上がって、世界1位になった理由は、食事改善にあった。ピザ屋の息子だった彼が、小麦製品を一切口に入れなくなったのだ。

 それまでのジョコビッチは、試合途中でスタミナ切れを起こしたり、ぜんそくの発作に見舞われたりと、フィジカルが弱い選手だった。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」(三五館)によると、そんなジョコビッチが試合中に倒れ込む姿をテレビで見ていた医師が、「小麦アレルギー」に気づき、忠告。それを受け入れて小麦を食べるのをやめたら、頭の中の霧が晴れ、体のキレも良くなったという。

 ただ、ジョコビッチのようなアレルギーは、そもそも小麦が悪いのではない。1960年代に開発された、日照り、病気に強く生産性が高い「矮小小麦」に問題があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る