テニス王者実践 小麦食べない「グルテンフリー」は効くのか?

公開日:  更新日:

 小麦を食べない「ノングルテン食」が注目されている。

 発端は、プロテニスプレーヤーのジョコビッチ。体力が増し、ボールに反応するスピードが別人のように上がって、世界1位になった理由は、食事改善にあった。ピザ屋の息子だった彼が、小麦製品を一切口に入れなくなったのだ。

 それまでのジョコビッチは、試合途中でスタミナ切れを起こしたり、ぜんそくの発作に見舞われたりと、フィジカルが弱い選手だった。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」(三五館)によると、そんなジョコビッチが試合中に倒れ込む姿をテレビで見ていた医師が、「小麦アレルギー」に気づき、忠告。それを受け入れて小麦を食べるのをやめたら、頭の中の霧が晴れ、体のキレも良くなったという。

 ただ、ジョコビッチのようなアレルギーは、そもそも小麦が悪いのではない。1960年代に開発された、日照り、病気に強く生産性が高い「矮小小麦」に問題があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る