テニス王者実践 小麦食べない「グルテンフリー」は効くのか?

公開日:  更新日:

 小麦を食べない「ノングルテン食」が注目されている。

 発端は、プロテニスプレーヤーのジョコビッチ。体力が増し、ボールに反応するスピードが別人のように上がって、世界1位になった理由は、食事改善にあった。ピザ屋の息子だった彼が、小麦製品を一切口に入れなくなったのだ。

 それまでのジョコビッチは、試合途中でスタミナ切れを起こしたり、ぜんそくの発作に見舞われたりと、フィジカルが弱い選手だった。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」(三五館)によると、そんなジョコビッチが試合中に倒れ込む姿をテレビで見ていた医師が、「小麦アレルギー」に気づき、忠告。それを受け入れて小麦を食べるのをやめたら、頭の中の霧が晴れ、体のキレも良くなったという。

 ただ、ジョコビッチのようなアレルギーは、そもそも小麦が悪いのではない。1960年代に開発された、日照り、病気に強く生産性が高い「矮小小麦」に問題があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る