日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日清と契約更新の錦織 王者ジョコに“肉薄”した驚愕の稼ぎ

 実力はいまだ及ばずとも、収入面ではビッグ4を脅かしている。

 男子テニスの錦織圭(25)が13日、都内で会見。日清食品との所属契約を20年末まで5年間延長したことを発表した。

「引き続き(日清食品に)サポートしていただけてうれしい。(5年後には)日本で五輪がある。日本での五輪は気合が入るし、(自分が)30歳になっていて一番(状態が)いい時だと思う。メダルを取れるように頑張りたい」(錦織)

 日清食品との具体的な契約内容こそ明かされなかったが、成長著しい世界的プレーヤーがこの時期に所属先と5年間も契約延長することは日本のスポーツ界では異例中の異例だ。そこで気になるのが暴騰しているといわれる錦織の「年収」だ。

■全収入の75%が「副収入」

 今年6月に米経済誌「フォーブス」が発表した世界のスポーツ選手の長者番付によると、錦織の昨年の年収は1950万ドル(約24億円)で92位だった。うち、試合で獲得した賞金は450万ドル(約5億5000万円)。全収入の75%にあたる約18億5000万円はCMやスポンサーなどの「副収入」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事