日清と契約更新の錦織 王者ジョコに“肉薄”した驚愕の稼ぎ

公開日:  更新日:

 実力はいまだ及ばずとも、収入面ではビッグ4を脅かしている。

 男子テニスの錦織圭(25)が13日、都内で会見。日清食品との所属契約を20年末まで5年間延長したことを発表した。

「引き続き(日清食品に)サポートしていただけてうれしい。(5年後には)日本で五輪がある。日本での五輪は気合が入るし、(自分が)30歳になっていて一番(状態が)いい時だと思う。メダルを取れるように頑張りたい」(錦織)

 日清食品との具体的な契約内容こそ明かされなかったが、成長著しい世界的プレーヤーがこの時期に所属先と5年間も契約延長することは日本のスポーツ界では異例中の異例だ。そこで気になるのが暴騰しているといわれる錦織の「年収」だ。

■全収入の75%が「副収入」

 今年6月に米経済誌「フォーブス」が発表した世界のスポーツ選手の長者番付によると、錦織の昨年の年収は1950万ドル(約24億円)で92位だった。うち、試合で獲得した賞金は450万ドル(約5億5000万円)。全収入の75%にあたる約18億5000万円はCMやスポンサーなどの「副収入」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る