錦織の4強入り阻んだジョコビッチ 2人は食生活も対照的

公開日: 更新日:

 クレーコート(赤土)の大会では好成績を挙げている錦織も、やはり「世界一」の壁は厚かった。
 テニスのイタリア国際準々決勝(現地15日)第3試合は、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(25)が、同1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(27、セルビア)に3-6、6-3、1-6のセットカウント1-2で敗れた。

 ポイントになったのは第3セットの第4ゲーム。ゲームカウント1-2の錦織は相手のドロップショットなどに翻弄されてブレークを許すと、試合の流れは一気にジョコへ傾き、反撃できなかった。

■肉体改造に成功して世界の頂点に

 ところで、この2人は実に対照的な食生活を送っている。

 たらこスパゲティが好物のひとつという錦織は、試合の前後にもパスタを食べるという。所属先の企業がカップ麺を主力商品にしているためか、うどんやそば、ラーメンも好んで食べている。もちろん麺類ばかりではない。トップアスリートなので栄養管理士がついており、カロリー計算されたバランスのいい食事を毎日とっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る