• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織の4強入り阻んだジョコビッチ 2人は食生活も対照的

 クレーコート(赤土)の大会では好成績を挙げている錦織も、やはり「世界一」の壁は厚かった。
 テニスのイタリア国際準々決勝(現地15日)第3試合は、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(25)が、同1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(27、セルビア)に3-6、6-3、1-6のセットカウント1-2で敗れた。

 ポイントになったのは第3セットの第4ゲーム。ゲームカウント1-2の錦織は相手のドロップショットなどに翻弄されてブレークを許すと、試合の流れは一気にジョコへ傾き、反撃できなかった。

■肉体改造に成功して世界の頂点に

 ところで、この2人は実に対照的な食生活を送っている。

 たらこスパゲティが好物のひとつという錦織は、試合の前後にもパスタを食べるという。所属先の企業がカップ麺を主力商品にしているためか、うどんやそば、ラーメンも好んで食べている。もちろん麺類ばかりではない。トップアスリートなので栄養管理士がついており、カロリー計算されたバランスのいい食事を毎日とっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る