大西睦子
著者のコラム一覧
大西睦子医学博士

東京女子医科大学卒業。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科では造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学。08年4月より、ハーバード大で食品の安全性を研究する内科医。著書には「『カロリーゼロ』はかえって太る!」「ハーバード大学で研究した医師の警告健康でいたければ『それ』は食べるな」など。

<第8回>【マグロ】厚労省も勧告!メチル水銀の神経毒性

公開日: 更新日:

「魚は健康にいい」といわれますが、特に妊婦は種類に注意してください。海の汚染問題とともにメチル水銀の過剰摂取が問題になっています。

 米国政府は、胎児の神経発達障害が起きる可能性があるとして、妊婦にマグロを控えるように働きかけています。あまり知られて…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  6. 6

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る