小薮浩二郎
著者のコラム一覧
小薮浩二郎添加物研究者

1945年、岡山県生まれ。九州大大学院農芸化学専攻(栄養化学講座)修了。製薬会社の研究部門ほか、添加物開発の最前線で添加物研究に従事する。研究歴40年以上で、第一人者。現在は、食品会社の顧問、食品販売会社特別顧問(品質管理)に携わる。著書に「悲しき国産食品」「食品業界は今日も、やりたい放題」「食品選び・おとなの知恵 ちょっと高くても、コッチ!」など。

<第9回>缶コーヒーに使われている香料、乳化剤が危ない

公開日: 更新日:
(C)日刊ゲンダイ

 コーヒーの実は、外皮→果肉→種子の構造になっていて、種子を焙煎したものがコーヒー豆になります。外皮に農薬がかかっていても、種子を取り出す工程で除去できる。茶葉に比べると農薬の健康リスクは低いと考えられます。しかし、缶コーヒーの中には添加物まみれの商品があることを覚えておきたい。…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  9. 9

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

  10. 10

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

もっと見る