ヨーグルトや甘いコーヒーもNG 「毎朝の習慣」が不健康招く

公開日: 更新日:

 朝活の時代だ。安倍政権が打ち出した“ゆう活”がポシャったのは当然の流れとしても、意外にも朝からバリバリ働くのはよくないという。

 英オックスフォード大のポール・ケリー博士らのチームは、「10時前の始業は社員を疲弊させ、健康を奪う“拷問”で、仕事の効率を著しく低下させる」とする研究結果をまとめた。ポールは、体内時計と行動リズムを研究する専門家。かつて自分が教頭として勤務していた中学で始業時間を8時半から10時に遅らせたところ、A評価を獲得する学生が約2割も増加。“ビジネスマンも、始業を10時過ぎに遅らせた方が仕事の効率がよくなる”と言う。

 フレックスタイムで10時出社ならゆっくり寝られ、電車もすいている。リラックスして仕事に臨めるが、朝の習慣が体の不調につながることはほかにもあるのだ。

■甘いコーヒー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る