妻は負担増、飲酒量増加も…朝型勤務「ゆう活」がはらむ不安

公開日: 更新日:

 国家公務員約22万人を対象に、1日からスタートした「ゆう活」。仕事時間を1~2時間ほど朝方勤務にシフトして、その分、夕方は早めに切り上げて残業を減らそうという試みだ。早くも10日が過ぎようとしているが、浸透具合はイマイチ。ネット上では「霞が関ではまだ遅くまで明かりがついている」とか「4時15分には帰れなかった」など、“内外”から否定的な声も上がっている。

 朝早く働いた分、仕事をサッサと切り上げ、夕方から趣味を楽しんだり、家族との時間を大切にするのは大歓迎。旗振り役の政府は、民間企業にも浸透させたいもくろみらしいが……。

「習慣を変えるというのは大きなリスクが付きまといます。最も心配なのは、夫の出勤に合わせ1時間、あるいは2時間早起きしなくてはいけない妻の体調不良です」

 こう言うのは、精神科医で作家の奥田弘美氏。慣れない早起きは誰でもシンドイ。朝が苦手な夜型人間には地獄の苦しみも同然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る