妻は負担増、飲酒量増加も…朝型勤務「ゆう活」がはらむ不安

公開日:  更新日:

 国家公務員約22万人を対象に、1日からスタートした「ゆう活」。仕事時間を1~2時間ほど朝方勤務にシフトして、その分、夕方は早めに切り上げて残業を減らそうという試みだ。早くも10日が過ぎようとしているが、浸透具合はイマイチ。ネット上では「霞が関ではまだ遅くまで明かりがついている」とか「4時15分には帰れなかった」など、“内外”から否定的な声も上がっている。

 朝早く働いた分、仕事をサッサと切り上げ、夕方から趣味を楽しんだり、家族との時間を大切にするのは大歓迎。旗振り役の政府は、民間企業にも浸透させたいもくろみらしいが……。

「習慣を変えるというのは大きなリスクが付きまといます。最も心配なのは、夫の出勤に合わせ1時間、あるいは2時間早起きしなくてはいけない妻の体調不良です」

 こう言うのは、精神科医で作家の奥田弘美氏。慣れない早起きは誰でもシンドイ。朝が苦手な夜型人間には地獄の苦しみも同然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る