江上剛
著者のコラム一覧
江上剛作家

1954年生まれ。兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。02年「非情銀行」で小説家デビュー。03年退行後、作家として本格的に活動。新しい金融エンターテインメントを描いている。著書多数。最新刊は「鬼忘島」(新潮社)。15年春からフジテレビ「みんなのニュース」レギュラーコメンテーター(水~金曜)。

奇貨居くべし(きかおくべし)

公開日: 更新日:
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

【現代語訳】珍しいもの、掘り出し物は買っておけば、あとで大きな利益をあげる材料になるだろう

 秦の商人・呂不韋が、趙で人質になっていた秦の王子を助けてあとで利用しようとした故事に基づいた言葉だが、珍しいものとは、何も“モノ”だけではない。ビジネスに照…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る