NPB調査委に問われる 野球賭博「真相究明」への本気度

公開日: 更新日:

「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」

 21日の会見で、NPB調査委の大鶴基成委員長(60)はこう言い切った。だが、調査委がじっくりと腰を据えて真相を究明する気があるのかは不透明だ。

 まず事件の渦中にある巨人=「読売グループ」とNPBの関係だ。熊崎勝彦コミッショナー(73)は元東京地検特捜部長として、長い間、日本テレビでコメンテーターを務めていたし、昨年、コミッショナーに就いた時も「読売人事」といわれたものだ。大鶴氏はその熊崎氏の1回り下の後輩なのだ。

 NPBと読売の関係にも疑問符が付く。侍ジャパン事業を引き継いだ「NPBエンタープライズ」の社長は元日テレ幹部。同社が手掛けた「日米野球」の主催は読売新聞社だ。その読売の監査役は元財務次官の勝栄二郎氏で、日本テレビホールディングスと日本テレビの社外取締役には元財務次官の真砂靖氏がいる。要するにこうやって人事面で霞が関を牛耳っている読売に対して、大鶴調査委員長が真相に迫り、ウミを吐き出せるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  9. 9

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  10. 10

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

もっと見る