NPB調査委に問われる 野球賭博「真相究明」への本気度

公開日:  更新日:

「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」

 21日の会見で、NPB調査委の大鶴基成委員長(60)はこう言い切った。だが、調査委がじっくりと腰を据えて真相を究明する気があるのかは不透明だ。

 まず事件の渦中にある巨人=「読売グループ」とNPBの関係だ。熊崎勝彦コミッショナー(73)は元東京地検特捜部長として、長い間、日本テレビでコメンテーターを務めていたし、昨年、コミッショナーに就いた時も「読売人事」といわれたものだ。大鶴氏はその熊崎氏の1回り下の後輩なのだ。

 NPBと読売の関係にも疑問符が付く。侍ジャパン事業を引き継いだ「NPBエンタープライズ」の社長は元日テレ幹部。同社が手掛けた「日米野球」の主催は読売新聞社だ。その読売の監査役は元財務次官の勝栄二郎氏で、日本テレビホールディングスと日本テレビの社外取締役には元財務次官の真砂靖氏がいる。要するにこうやって人事面で霞が関を牛耳っている読売に対して、大鶴調査委員長が真相に迫り、ウミを吐き出せるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る