NPB調査委に問われる 野球賭博「真相究明」への本気度

公開日:  更新日:

「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」

 21日の会見で、NPB調査委の大鶴基成委員長(60)はこう言い切った。だが、調査委がじっくりと腰を据えて真相を究明する気があるのかは不透明だ。

 まず事件の渦中にある巨人=「読売グループ」とNPBの関係だ。熊崎勝彦コミッショナー(73)は元東京地検特捜部長として、長い間、日本テレビでコメンテーターを務めていたし、昨年、コミッショナーに就いた時も「読売人事」といわれたものだ。大鶴氏はその熊崎氏の1回り下の後輩なのだ。

 NPBと読売の関係にも疑問符が付く。侍ジャパン事業を引き継いだ「NPBエンタープライズ」の社長は元日テレ幹部。同社が手掛けた「日米野球」の主催は読売新聞社だ。その読売の監査役は元財務次官の勝栄二郎氏で、日本テレビホールディングスと日本テレビの社外取締役には元財務次官の真砂靖氏がいる。要するにこうやって人事面で霞が関を牛耳っている読売に対して、大鶴調査委員長が真相に迫り、ウミを吐き出せるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る