• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NPB調査委に問われる 野球賭博「真相究明」への本気度

「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」

 21日の会見で、NPB調査委の大鶴基成委員長(60)はこう言い切った。だが、調査委がじっくりと腰を据えて真相を究明する気があるのかは不透明だ。

 まず事件の渦中にある巨人=「読売グループ」とNPBの関係だ。熊崎勝彦コミッショナー(73)は元東京地検特捜部長として、長い間、日本テレビでコメンテーターを務めていたし、昨年、コミッショナーに就いた時も「読売人事」といわれたものだ。大鶴氏はその熊崎氏の1回り下の後輩なのだ。

 NPBと読売の関係にも疑問符が付く。侍ジャパン事業を引き継いだ「NPBエンタープライズ」の社長は元日テレ幹部。同社が手掛けた「日米野球」の主催は読売新聞社だ。その読売の監査役は元財務次官の勝栄二郎氏で、日本テレビホールディングスと日本テレビの社外取締役には元財務次官の真砂靖氏がいる。要するにこうやって人事面で霞が関を牛耳っている読売に対して、大鶴調査委員長が真相に迫り、ウミを吐き出せるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る