• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キッコーマン「減塩しょうゆ」は“続けられる”に拘り50年

 キッコーマンの「減塩しょうゆ」が存在感を増している。同社の家庭用しょうゆ全体に占める減塩しょうゆの売り上げの割合はこの10年で倍増。特に「いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ」が好調で、同商品は2011年の発売以来、2ケタ成長を続けている。

 東京大学医学部の要請を受け、本来のうま味や風味は残しつつ、塩分の少ないしょうゆの開発に着手。それが始まりだった。試行錯誤の末、通常のしょうゆから塩分を大幅に取り除く「脱塩方式」にたどり着き、1965年に「保健しょうゆ」の名前で商品化を果たす(67年に「減塩しょうゆ」に改称)。

 当初は病院食用としての利用がほとんどだったが、健康志向の高まりをうけ、80年代は市販に注力。品揃えの強化と積極的な広告宣伝により、広く一般家庭にも普及していった。以降は進化の一途。減塩とおいしさの両立を目指して開発と改良を重ねてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る