• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キッコーマン「減塩しょうゆ」は“続けられる”に拘り50年

 キッコーマンの「減塩しょうゆ」が存在感を増している。同社の家庭用しょうゆ全体に占める減塩しょうゆの売り上げの割合はこの10年で倍増。特に「いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ」が好調で、同商品は2011年の発売以来、2ケタ成長を続けている。

 東京大学医学部の要請を受け、本来のうま味や風味は残しつつ、塩分の少ないしょうゆの開発に着手。それが始まりだった。試行錯誤の末、通常のしょうゆから塩分を大幅に取り除く「脱塩方式」にたどり着き、1965年に「保健しょうゆ」の名前で商品化を果たす(67年に「減塩しょうゆ」に改称)。

 当初は病院食用としての利用がほとんどだったが、健康志向の高まりをうけ、80年代は市販に注力。品揃えの強化と積極的な広告宣伝により、広く一般家庭にも普及していった。以降は進化の一途。減塩とおいしさの両立を目指して開発と改良を重ねてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る