キッコーマン「減塩しょうゆ」は“続けられる”に拘り50年

公開日: 更新日:

 キッコーマンの「減塩しょうゆ」が存在感を増している。同社の家庭用しょうゆ全体に占める減塩しょうゆの売り上げの割合はこの10年で倍増。特に「いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ」が好調で、同商品は2011年の発売以来、2ケタ成長を続けている。

 東京大学医学部の要請を受け、本来のうま味や風味は残しつつ、塩分の少ないしょうゆの開発に着手。それが始まりだった。試行錯誤の末、通常のしょうゆから塩分を大幅に取り除く「脱塩方式」にたどり着き、1965年に「保健しょうゆ」の名前で商品化を果たす(67年に「減塩しょうゆ」に改称)。

 当初は病院食用としての利用がほとんどだったが、健康志向の高まりをうけ、80年代は市販に注力。品揃えの強化と積極的な広告宣伝により、広く一般家庭にも普及していった。以降は進化の一途。減塩とおいしさの両立を目指して開発と改良を重ねてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  4. 4

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  5. 5

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    渥美清<後編>療養所生活でも毎日患者を集めて笑わせていた

  10. 10

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る