キッコーマン「減塩しょうゆ」は“続けられる”に拘り50年

公開日: 更新日:

 キッコーマンの「減塩しょうゆ」が存在感を増している。同社の家庭用しょうゆ全体に占める減塩しょうゆの売り上げの割合はこの10年で倍増。特に「いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ」が好調で、同商品は2011年の発売以来、2ケタ成長を続けている。

 東京大学医学部の要請を受け、本来のうま味や風味は残しつつ、塩分の少ないしょうゆの開発に着手。それが始まりだった。試行錯誤の末、通常のしょうゆから塩分を大幅に取り除く「脱塩方式」にたどり着き、1965年に「保健しょうゆ」の名前で商品化を果たす(67年に「減塩しょうゆ」に改称)。

 当初は病院食用としての利用がほとんどだったが、健康志向の高まりをうけ、80年代は市販に注力。品揃えの強化と積極的な広告宣伝により、広く一般家庭にも普及していった。以降は進化の一途。減塩とおいしさの両立を目指して開発と改良を重ねてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る