• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発売当初は関西、関東で明暗…ミツカン「味ぽん」成長秘話

 ミツカンの「味ぽん」は家庭用ぽん酢の代名詞的存在だ。1964年発売のパイオニアは、いまも圧倒的強さでトップを走る。近年はヘルシー志向も追い風となって絶好調。売り上げは過去最高を更新中だ。

 柑橘果汁、醸造酢、しょうゆがひとつになった絶妙な風味の“味つけぽん酢”は、料亭の味をヒントに誕生した。

「7代目社長が福岡県の料亭で『博多水炊き』を食べた際にぽん酢のおいしさに魅了されたのがきっかけ。家庭でも、このぽん酢のような鍋用調味料を味わってほしいと考え、開発に着手した」(MD本部製品企画部の長岡雅彦氏)

 64年に商品化。まずは「ぽん酢〈味つけ〉」として関西限定で発売し、好評を得たことから67年、「味ぽん酢」に名前を変えて全国発売を開始する(79年から「味ぽん」)。ところが関東では苦戦。要因は鍋文化の違いで、当時、関西では水炊きが根づいていたが、関東ではよせ鍋など味つけした鍋が主流だった。となれば地道な販促だ。卸売市場やスーパーでは水炊きを用意した試食販売を実施。テレビCM(68年~)では家族で鍋を囲むシーンを多用し、味ぽんの使い方を訴求した。結果、認知度は急上昇し、70年代にかけて売り上げを大きく伸ばしていく。一方で新たな課題。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る