オヤジに人気「ワンカップ大関」 当初の狙いは“若者”だった?

公開日: 更新日:

 大関が販売する「ワンカップ大関」はカップ酒のパイオニアだ。発売から50年を超え、現在までの累計販売数はブランド全体で約42億本(180ミリリットル換算)。中高年の根強いファンを抱えながら、近年は若年層へのアプローチも強化している。もっとも、本来のターゲットはそこ。1964年東京オリンピックの開催に合わせて発売されたワンカップ大関は、そもそもオジサン向けに生まれたものではない。

「当時、一升瓶からとっくりなどについで飲むのが主流だった清酒業界で、いつでもどこでもすぐに飲める日本酒として開発したのがワンカップ。若年層をターゲットに、手軽に日本酒を楽しめる文化の創造を目的とした」(宣伝・広報グループ係長の北川浩史氏)

 まずは「コップのまま飲むかっこよさをアピールする」「中身は一級酒とする」など性格付けを徹底。容器については、広口瓶の開発から、ワンタッチで開栓できるキャップなどの包材に至るまで、試行錯誤を重ねて新しいカタチを実現した。横文字の「OneCUP」と斬新なパッケージはオリンピックを意識したもの。「世界の国々の人にも楽しんでもらえるよう、デザインにもこだわった」(北川氏)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る