オヤジに人気「ワンカップ大関」 当初の狙いは“若者”だった?

公開日: 更新日:

 大関が販売する「ワンカップ大関」はカップ酒のパイオニアだ。発売から50年を超え、現在までの累計販売数はブランド全体で約42億本(180ミリリットル換算)。中高年の根強いファンを抱えながら、近年は若年層へのアプローチも強化している。もっとも、本来のターゲットはそこ。1964年東京オリンピックの開催に合わせて発売されたワンカップ大関は、そもそもオジサン向けに生まれたものではない。

「当時、一升瓶からとっくりなどについで飲むのが主流だった清酒業界で、いつでもどこでもすぐに飲める日本酒として開発したのがワンカップ。若年層をターゲットに、手軽に日本酒を楽しめる文化の創造を目的とした」(宣伝・広報グループ係長の北川浩史氏)

 まずは「コップのまま飲むかっこよさをアピールする」「中身は一級酒とする」など性格付けを徹底。容器については、広口瓶の開発から、ワンタッチで開栓できるキャップなどの包材に至るまで、試行錯誤を重ねて新しいカタチを実現した。横文字の「OneCUP」と斬新なパッケージはオリンピックを意識したもの。「世界の国々の人にも楽しんでもらえるよう、デザインにもこだわった」(北川氏)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る