オヤジに人気「ワンカップ大関」 当初の狙いは“若者”だった?

公開日:  更新日:

 大関が販売する「ワンカップ大関」はカップ酒のパイオニアだ。発売から50年を超え、現在までの累計販売数はブランド全体で約42億本(180ミリリットル換算)。中高年の根強いファンを抱えながら、近年は若年層へのアプローチも強化している。もっとも、本来のターゲットはそこ。1964年東京オリンピックの開催に合わせて発売されたワンカップ大関は、そもそもオジサン向けに生まれたものではない。

「当時、一升瓶からとっくりなどについで飲むのが主流だった清酒業界で、いつでもどこでもすぐに飲める日本酒として開発したのがワンカップ。若年層をターゲットに、手軽に日本酒を楽しめる文化の創造を目的とした」(宣伝・広報グループ係長の北川浩史氏)

 まずは「コップのまま飲むかっこよさをアピールする」「中身は一級酒とする」など性格付けを徹底。容器については、広口瓶の開発から、ワンタッチで開栓できるキャップなどの包材に至るまで、試行錯誤を重ねて新しいカタチを実現した。横文字の「OneCUP」と斬新なパッケージはオリンピックを意識したもの。「世界の国々の人にも楽しんでもらえるよう、デザインにもこだわった」(北川氏)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る