• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井村屋で最高売り上げ「肉まん・あんまん」ゴールドS誕生史

 ホカホカの中華まん。いよいよ本格シーズン到来だ。スチーマー販売をはじめ、市販用冷凍食品、チルド商品など多様な展開で強さを見せるのは井村屋。日本風にアレンジした「肉まん・あんまん」は1964年発売のロングセラー商品である。昨年は、50周年を記念して大型商品「ゴールドシリーズ」を投入。このヒットにより、同社の肉まん・あんまん類は過去最高の売り上げを記録した。

 きっかけは空の冷凍ケースだった。60年代初めに即席ぜんざい、ゆであずきをヒットさせた井村屋は63年、アイス事業に参入。これがそもそもの始まりで、当時は冬になるとアイスクリームの需要が落ち、小売店のショーケースは空のまま放置されていたことから、冬場はそれを利用して冷凍の肉まん・あんまんを売り出そうと考えたのだ。早速開発に着手。

「あんまんといえば、こしあんに油を加えた中華あんが主流の時代に、井村屋はぜんざいで人気の粒あんを採用。そして、からし醤油を付けて食べるものだった肉まんは、具に味を付け、そのまま食べておいしい日本風の味に仕立てた」(井村屋グループ経営戦略部の小久保聖子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る