井村屋で最高売り上げ「肉まん・あんまん」ゴールドS誕生史

公開日:  更新日:

 ホカホカの中華まん。いよいよ本格シーズン到来だ。スチーマー販売をはじめ、市販用冷凍食品、チルド商品など多様な展開で強さを見せるのは井村屋。日本風にアレンジした「肉まん・あんまん」は1964年発売のロングセラー商品である。昨年は、50周年を記念して大型商品「ゴールドシリーズ」を投入。このヒットにより、同社の肉まん・あんまん類は過去最高の売り上げを記録した。

 きっかけは空の冷凍ケースだった。60年代初めに即席ぜんざい、ゆであずきをヒットさせた井村屋は63年、アイス事業に参入。これがそもそもの始まりで、当時は冬になるとアイスクリームの需要が落ち、小売店のショーケースは空のまま放置されていたことから、冬場はそれを利用して冷凍の肉まん・あんまんを売り出そうと考えたのだ。早速開発に着手。

「あんまんといえば、こしあんに油を加えた中華あんが主流の時代に、井村屋はぜんざいで人気の粒あんを採用。そして、からし醤油を付けて食べるものだった肉まんは、具に味を付け、そのまま食べておいしい日本風の味に仕立てた」(井村屋グループ経営戦略部の小久保聖子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る