井村屋で最高売り上げ「肉まん・あんまん」ゴールドS誕生史

公開日: 更新日:

 ホカホカの中華まん。いよいよ本格シーズン到来だ。スチーマー販売をはじめ、市販用冷凍食品、チルド商品など多様な展開で強さを見せるのは井村屋。日本風にアレンジした「肉まん・あんまん」は1964年発売のロングセラー商品である。昨年は、50周年を記念して大型商品「ゴールドシリーズ」を投入。このヒットにより、同社の肉まん・あんまん類は過去最高の売り上げを記録した。

 きっかけは空の冷凍ケースだった。60年代初めに即席ぜんざい、ゆであずきをヒットさせた井村屋は63年、アイス事業に参入。これがそもそもの始まりで、当時は冬になるとアイスクリームの需要が落ち、小売店のショーケースは空のまま放置されていたことから、冬場はそれを利用して冷凍の肉まん・あんまんを売り出そうと考えたのだ。早速開発に着手。

「あんまんといえば、こしあんに油を加えた中華あんが主流の時代に、井村屋はぜんざいで人気の粒あんを採用。そして、からし醤油を付けて食べるものだった肉まんは、具に味を付け、そのまま食べておいしい日本風の味に仕立てた」(井村屋グループ経営戦略部の小久保聖子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る