井村屋で最高売り上げ「肉まん・あんまん」ゴールドS誕生史

公開日:  更新日:

 ホカホカの中華まん。いよいよ本格シーズン到来だ。スチーマー販売をはじめ、市販用冷凍食品、チルド商品など多様な展開で強さを見せるのは井村屋。日本風にアレンジした「肉まん・あんまん」は1964年発売のロングセラー商品である。昨年は、50周年を記念して大型商品「ゴールドシリーズ」を投入。このヒットにより、同社の肉まん・あんまん類は過去最高の売り上げを記録した。

 きっかけは空の冷凍ケースだった。60年代初めに即席ぜんざい、ゆであずきをヒットさせた井村屋は63年、アイス事業に参入。これがそもそもの始まりで、当時は冬になるとアイスクリームの需要が落ち、小売店のショーケースは空のまま放置されていたことから、冬場はそれを利用して冷凍の肉まん・あんまんを売り出そうと考えたのだ。早速開発に着手。

「あんまんといえば、こしあんに油を加えた中華あんが主流の時代に、井村屋はぜんざいで人気の粒あんを採用。そして、からし醤油を付けて食べるものだった肉まんは、具に味を付け、そのまま食べておいしい日本風の味に仕立てた」(井村屋グループ経営戦略部の小久保聖子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る