日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯出敏夫
著者のコラム一覧
飯出敏夫温泉紀行ライター

1947年群馬県生まれ。旅行ガイドブックの取材・執筆・編集を経て、91年日本初の温泉専門誌「温泉四季」の創刊に参加。同誌休刊後、95年、温友社を設立。10年8月からフリーに。近年は温泉紀行ライターとしての仕事を主体に山歩きの著作も多く、現地主義をモットーに年間120日以上を旅の空に過ごす。著書に「一度は泊まってみたい秘湯の宿70」(成美堂出版)、アサヒDVDブック「秘湯ロマン」(朝日新聞社)、「名湯・秘湯の山旅」「日帰りハイキング+立ち寄り温泉 関東周辺」(いずれもJTBパブリッシング)、「達人の秘湯宿」(交通新聞社)ほか。

【切り傷編】心の傷も癒してくれそう

沢渡温泉「共同浴場」 (C)飯出敏夫

「切り傷や手術後の回復に効果が期待できるのが硫酸塩泉。俗に“傷の湯”といわれます」(飯出氏)

「沢渡温泉」(群馬県)は、“草津の仕上げ湯”といわれる。熱い強酸性の草津の湯でただれた肌を、優しく整えてくれるからだ。11軒の宿と1軒の共同浴場がある。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事