飯出敏夫
著者のコラム一覧
飯出敏夫温泉紀行ライター

1947年群馬県生まれ。旅行ガイドブックの取材・執筆・編集を経て、91年日本初の温泉専門誌「温泉四季」の創刊に参加。同誌休刊後、95年、温友社を設立。10年8月からフリーに。近年は温泉紀行ライターとしての仕事を主体に山歩きの著作も多く、現地主義をモットーに年間120日以上を旅の空に過ごす。著書に「一度は泊まってみたい秘湯の宿70」(成美堂出版)、アサヒDVDブック「秘湯ロマン」(朝日新聞社)、「名湯・秘湯の山旅」「日帰りハイキング+立ち寄り温泉 関東周辺」(いずれもJTBパブリッシング)、「達人の秘湯宿」(交通新聞社)ほか。

【冷え性編】心も体もポッカポカ

公開日:  更新日:
塩の湯温泉「明賀屋本館」(C)飯出敏夫

「温熱効果は温泉共通の効能ですが、特によく温まるといわれるのが塩化物泉です。ナトリウム成分が肌をコーティングし、保温効果を高め、俗に“熱の湯”ともいわれます」(飯出氏)


 第一は「肘折温泉」(山形県)。1200年以上前の開湯で、肘を折った…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る