• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロングステイならマレーシア 人気の秘密は“ないない尽くし”

 ロングステイ財団の調査で、9年連続「ロングステイ希望国」トップに選ばれたマレーシア。日中の平均気温は27~33度(年間)と過ごしやすく、治安がいい。物価が比較的安く、長期滞在を楽しみたいシニアを中心に人気だそうだ。

「お手伝いさんは住み込みで月2万~3万円で雇えます。首都クアラルンプールには日系スーパーが進出しているから、日本食や日用品にも困りません」(旅行ジャーナリスト)

 マレーシアやタイ(人気2位)など東南アジアは、文化・自然遺産など観光資源が豊富。忙しい旅ではできない、じっくり観光を楽しむ目的がロングステイの動機のひとつだという。

「『パッケージツアーでは時間が足りない。自分の好きなように心ゆくまでじっくり回りたい』『毎週ゴルフを楽しめる』『生活を通して現地の方と交流ができる』という声が多い。また、温暖な気候は寒い冬より健康リスクを下げる、熱中症の危険性のある真夏を避ける、花粉症から逃れる等々の目的でロングステイされるケースが見られます」(同財団)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る