長期なら南欧がお得 年末年始「穴場旅行」おすすめスポット

公開日:  更新日:

 今年も残すところ1カ月。年末年始は長期休暇を利用して“穴場”の海外旅行はいかが。いまからでも間に合うオススメの旅行先を紹介しよう。

 JTBが発表した年末年始の旅行動向によれば、国内外の旅行人数は3045万人。最大9連休が可能なため、過去2番目の多さだという。海外に限っても、過去4番目の多さだ。円安でも長期滞在なら、国内旅行よりお得な都市はたくさんある。海外旅行検索サイト「スカイスキャナー」が、2015年に人気急上昇になるだろうと予測した都市ベスト5をご紹介。2011~14年の上昇率が高い都市である。

「多くがまだ日本人に“馴染みのない”都市。それだけに、今からでも年末年始の旅行先として席を確保できる可能性が高いのです」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 注目は、「シェムリアップ(カンボジア)」(2位)。13年に春秋航空、香港ドラゴン航空など新たに6キャリアーが発着したのは大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る