米利上げ直前でも買い 仕込みたい「株主優待」狙い21銘柄

公開日:  更新日:

 12月相場のメーンイベントが近づいてきた。

「今週は気の抜けない1週間です。15、16日に米連邦準備制度理事会(FRB)は米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、約10年ぶりの利上げを決めるのはほぼ確実です。17、18日は日銀の金融政策決定会合がある。追加金融緩和を予想する金融関係者は少ないですが、それだけサプライズ緩和があったら株価爆騰は間違いなしです」(証券アナリスト)

 過去の米国の利上げ局面では株安に向かったが、今回は違うらしい。

「米利上げは、浮上しては消え、再び浮上するという流れを繰り返した。だから利上げが決まれば、市場のモヤモヤ感が払拭されます。本来、利上げは好景気のときに実施するものです。利上げで、米景気の力強さは本物だとなり、株価は上昇するでしょう。日経平均も年末に向け、再び2万円をうかがう展開となりそうです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る