米利上げ直前でも買い 仕込みたい「株主優待」狙い21銘柄

公開日: 更新日:

 12月相場のメーンイベントが近づいてきた。

「今週は気の抜けない1週間です。15、16日に米連邦準備制度理事会(FRB)は米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、約10年ぶりの利上げを決めるのはほぼ確実です。17、18日は日銀の金融政策決定会合がある。追加金融緩和を予想する金融関係者は少ないですが、それだけサプライズ緩和があったら株価爆騰は間違いなしです」(証券アナリスト)

 過去の米国の利上げ局面では株安に向かったが、今回は違うらしい。

「米利上げは、浮上しては消え、再び浮上するという流れを繰り返した。だから利上げが決まれば、市場のモヤモヤ感が払拭されます。本来、利上げは好景気のときに実施するものです。利上げで、米景気の力強さは本物だとなり、株価は上昇するでしょう。日経平均も年末に向け、再び2万円をうかがう展開となりそうです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る