師走相場の主役に浮上 PM2.5関連「21銘柄」で稼ぐ

公開日: 更新日:

 中国・北京市を襲う微小粒子状物質「PM2.5」は過去最悪レベルとなっている。7日に北京市は初の「赤色警報」(最高レベル)を出した。街中は白くかすみ、道行く人のマスク姿が目立つ。

「大気汚染は深刻そのものですが、株式市場には好材料となっています。排ガスなどの環境ビジネスや、家庭用空気清浄機、マスクなど関連事業の業績拡大が見込めます。このところ日経平均は原油安の影響で低迷しているだけに、PM2.5関連が市場を引っ張ってくれると期待しています」(証券アナリスト)

 9日、日経平均は前日比191円安の1万9301円で引けた。1日(終値)に2万円の大台へ乗せたあと、下落基調がクッキリしてきた。

 一方、PM2.5関連銘柄(別表参照)は勢いがある。9日も、PM2.5の測定器を扱う神栄は26円高(16.8%)、同じく東亜ディーケーケーは61円高(10.8%)をつけた。空気清浄機の日本エアーテックは19円高(2.7%)、マスク関連の興研は105円高(6.1%)、防毒マスクで知られる重松製作所は35円高(4.6%)と、しっかり値を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る