「きゅうりのキューちゃん」 ヒットの決め手は食感と塩分濃度

公開日: 更新日:

 食欲の秋。白いごはんをおいしくする漬物といえば、東海漬物の「きゅうりのキューちゃん」だ。パリポリとしたきゅうりの食感と醤油のうまさで、1962年の発売から50年以上もヒットを続けており、これまでの生産累計は21億5000万袋にも及ぶ。

「キューちゃんは素朴で身近な存在。そんなポジションが長く愛された一因だと思う」(商品開発グループの坂本賢一氏)

 いまや誰もが知る国民的漬物ブランドだが、60年代初頭、その商品特徴は革新的だった。まずは包装形態。スーパーマーケットの台頭による流通近代化に合わせ、食品包装の形も進化したことから、キューちゃんもいち早く個包装パッケージを採用。漬物といえば樽からの量り売りが当たり前の時代に、衛生的で便利な小袋入りの商品は大反響を呼んだ。さらに「きゅうり」「醤油漬け」という組み合わせ。当時主流のたくあんやぬか漬けとは違う斬新さで、見事差別化に成功。一躍ヒット商品となった。以降、右肩上がり。70年代前半には漬物業界において確固たる地位を確立する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  5. 5

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る