岡村美奈
著者のコラム一覧
岡村美奈臨床心理士、ヒューマンリスク・コンサルタント

早稲田大学大学院文学研究科・商学研究科修了(文学修士・商学博士)。病院、大学、企業などの講師やカウンセラーを経て、現在、(株)アイシーディー取締役。第一印象やイメージのコンサルティングを行うとともに、ビジネス心理を中心にさまざまな活動を行う。著書に「嘘つきは鼻をこする」(産経新聞出版)。

新国立競技場を「古墳」に例えてまたも物議を醸した森喜朗会長の不安

公開日: 更新日:
森喜朗会長(C)日刊ゲンダイ

 2カ月前、「みんなが責任取れとか何とか言うから」と丸刈りになった東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長。帽子を取り、丸刈り頭を披露した瞬間の表情に殊勝さや神妙さは微塵もなく、どうだ! とばかりに得意そうな表情を見せました。責任を取ったフリすらできないのでは、パフォーマン…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  9. 9

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る