長谷川裕雅
著者のコラム一覧
長谷川裕雅弁護士

1975年生まれ。早大政経学部卒後、朝日新聞社入社。事件記者をやるうちに一念発起して弁護士に。現在、東京永田町法律事務所代表を務める。 税理士の資格も持ち、相続問題を題材にした著書「磯野家の相続」シリーズは販売部数累計10万部突破のベストセラーに。ほか、「家族内ドロボー 相続でバレる大問題」「モメない相続」「なぜ酔った女性を口説くのは『非常に危険』なのか?」など著書多数。

社内恋愛中の彼女のLINE盗み見したら?

公開日: 更新日:
(C)日刊ゲンダイ

 彼女のLINEで、同僚の男との親しげなやりとりを発見。浮気相手の同僚に詰め寄ったことを知った彼女が逆切れし、自分を訴えるという。

「他人の携帯電話やスマホに記録された内容を盗み見る行為は、電気通信回線を通じて暗証番号を入れる過程がないので犯罪となり…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る