春風亭小朝もハマった! 住宅街の小さな中華料理店

公開日: 更新日:

 落語界きっての食通、春風亭小朝(60)が通うのは世田谷区にある大衆中華の店「中華日和」。場所は小田急線千歳船橋駅から徒歩5分ほど。銀座の中華料理店で腕を磨いた店主が7年前にこの地に移り、独立して開いた店だ。

 オープン以来、評判は口コミで広がり、地元のリピーター多数。小朝のように銀座時代から通い続ける常連も少なくない。最大の魅力は雰囲気も価格も庶民的ながら、しっかりとした本格中華が味わえること。

「これといって大層なことはしていないんですが、自分がおいしいと思うものを作って、お客さんに喜んでいただけるのは、何よりうれしいです」と店主。その丁寧な仕事が生み出す繊細な味わいが食通の舌を魅了してきた。

 小朝のお気に入りはトマトが丸のままトッピングされた、この店の名物「フレッシュトマトとハーブのつゆそば」(900円)。小朝が惚れ込んだ最大のポイントはあっさりとしたスープとフレッシュトマトの相性だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る