春風亭小朝もハマった! 住宅街の小さな中華料理店

公開日:  更新日:

 落語界きっての食通、春風亭小朝(60)が通うのは世田谷区にある大衆中華の店「中華日和」。場所は小田急線千歳船橋駅から徒歩5分ほど。銀座の中華料理店で腕を磨いた店主が7年前にこの地に移り、独立して開いた店だ。

 オープン以来、評判は口コミで広がり、地元のリピーター多数。小朝のように銀座時代から通い続ける常連も少なくない。最大の魅力は雰囲気も価格も庶民的ながら、しっかりとした本格中華が味わえること。

「これといって大層なことはしていないんですが、自分がおいしいと思うものを作って、お客さんに喜んでいただけるのは、何よりうれしいです」と店主。その丁寧な仕事が生み出す繊細な味わいが食通の舌を魅了してきた。

 小朝のお気に入りはトマトが丸のままトッピングされた、この店の名物「フレッシュトマトとハーブのつゆそば」(900円)。小朝が惚れ込んだ最大のポイントはあっさりとしたスープとフレッシュトマトの相性だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る