• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

春風亭小朝もハマった! 住宅街の小さな中華料理店

 落語界きっての食通、春風亭小朝(60)が通うのは世田谷区にある大衆中華の店「中華日和」。場所は小田急線千歳船橋駅から徒歩5分ほど。銀座の中華料理店で腕を磨いた店主が7年前にこの地に移り、独立して開いた店だ。

 オープン以来、評判は口コミで広がり、地元のリピーター多数。小朝のように銀座時代から通い続ける常連も少なくない。最大の魅力は雰囲気も価格も庶民的ながら、しっかりとした本格中華が味わえること。

「これといって大層なことはしていないんですが、自分がおいしいと思うものを作って、お客さんに喜んでいただけるのは、何よりうれしいです」と店主。その丁寧な仕事が生み出す繊細な味わいが食通の舌を魅了してきた。

 小朝のお気に入りはトマトが丸のままトッピングされた、この店の名物「フレッシュトマトとハーブのつゆそば」(900円)。小朝が惚れ込んだ最大のポイントはあっさりとしたスープとフレッシュトマトの相性だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る