食通芸人・博多華丸も絶賛!昔ながらの手作りの味「ビフテキ家あづま」

公開日:  更新日:

 芸人きってのグルメで知られる博多華丸(45)。地元福岡はもちろん今や関東のグルメにもすっかり精通している彼が“最強ランチ”と絶賛する店がある。

「ビフテキ家あづま」は新宿3丁目にある老舗洋食店。昭和21年の創業で現在は2代目店主が切り盛り。ソースもすべて手作りという家庭的な味わいが世代を超えて親しまれてきた。

 店名の“ビフテキ家”は、かつてステーキ屋として営業していた頃の名残だそう。今はハンバーグ、スパゲティ、オムライスなど、オーソドックスな洋食メニューがズラリと並ぶ。その中でも華丸をはじめ常連が目当てにしているのが創業以来の名物「豚のじゅうじゅう焼き」(850円、ライス・スープ付き)だ。

 オーダーすると熱々の鉄板の上に、キャベツと豚肉がたっぷりと盛り付けられて登場。そこに自家製のオニオンソースをかければ、ジューッ! と大きな音とともに蒸気が勢いよく立ち上がる。これぞ、“じゅうじゅう焼き”の名の由来だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る