• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

がん生存者への“ご褒美”は「借金」という米国の現実

 アメリカでは、働き盛りのがん患者の約3分の1が治療後に借金を背負い、3%が自己破産していることが調査で明らかになりました。そのため、「がんサバイバーに対するご褒美は借金」と皮肉まじりに報じられています。

 オレゴン州ポートランドのカイザー健康調査センターが、18歳から64歳の約5000人のがん生存者に対して行った調査で、「負債者の半分は1万ドル(約120万円)以上の借金を抱えている」とのこと。また、がん生存者の自己破産の確率は、そうでない人の2倍という調査結果もあります。

 がん治療で最も負担になっているもののひとつは薬代で、化学療法の場合、1カ月1万ドルから最高で6万ドル。この金額は、過去15年間に5倍から10倍にはね上がったと「マヨ・クリニック・ジャーナル」が伝えています。これはほかの病気の治療費の伸びに比べ、3倍の伸び率だそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る