地道な改良こそ「大きな大きな焼きおにぎり」人気の秘訣

公開日: 更新日:

 ニッスイ(日本水産)の「大きな大きな焼きおにぎり」は、家庭用冷凍焼きおにぎりのパイオニアだ。食べ応えはもとより、中までしょうゆ味がしみ込んだ焼きおにぎりはおいしさでも高評価。圧倒的な強さで市場をリードしている。

 前身は「COOK FOR ME焼きおにぎり」。ニッスイが家庭用冷凍食品初となる焼きおにぎりを発売したのは1989年のことだ。

「当時、冷凍食品といえば弁当用の総菜を基本としながら、業界全体として米飯やめんを含むスナック(軽食)にも力を入れ始めていたころ。主流はピラフやチャーハンだったが、競合が多くトップをとるのは難しいと判断。そこで着目したのが焼きおにぎりだった」(家庭用食品部冷凍食品課の権田友和氏)

 独自性を出すため、まず炊いた白飯にしょうゆで軽く味付けしたうえで整形。そして表面にさらにしょうゆを塗って焼く設計に。大きさは70グラム(8個入り)。当時のコンビニおにぎりを参考にしたという。浸透はゆっくりだったが、1個単位で加熱できるので小腹満たしに最適。食器不用の手軽さも支持され、やがて人気は定着する。そこで94年、名前も新たにリニューアル。「大きな大きな焼きおにぎり」の登場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る