• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地道な改良こそ「大きな大きな焼きおにぎり」人気の秘訣

 ニッスイ(日本水産)の「大きな大きな焼きおにぎり」は、家庭用冷凍焼きおにぎりのパイオニアだ。食べ応えはもとより、中までしょうゆ味がしみ込んだ焼きおにぎりはおいしさでも高評価。圧倒的な強さで市場をリードしている。

 前身は「COOK FOR ME焼きおにぎり」。ニッスイが家庭用冷凍食品初となる焼きおにぎりを発売したのは1989年のことだ。

「当時、冷凍食品といえば弁当用の総菜を基本としながら、業界全体として米飯やめんを含むスナック(軽食)にも力を入れ始めていたころ。主流はピラフやチャーハンだったが、競合が多くトップをとるのは難しいと判断。そこで着目したのが焼きおにぎりだった」(家庭用食品部冷凍食品課の権田友和氏)

 独自性を出すため、まず炊いた白飯にしょうゆで軽く味付けしたうえで整形。そして表面にさらにしょうゆを塗って焼く設計に。大きさは70グラム(8個入り)。当時のコンビニおにぎりを参考にしたという。浸透はゆっくりだったが、1個単位で加熱できるので小腹満たしに最適。食器不用の手軽さも支持され、やがて人気は定着する。そこで94年、名前も新たにリニューアル。「大きな大きな焼きおにぎり」の登場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る