地道な改良こそ「大きな大きな焼きおにぎり」人気の秘訣

公開日:  更新日:

 ニッスイ(日本水産)の「大きな大きな焼きおにぎり」は、家庭用冷凍焼きおにぎりのパイオニアだ。食べ応えはもとより、中までしょうゆ味がしみ込んだ焼きおにぎりはおいしさでも高評価。圧倒的な強さで市場をリードしている。

 前身は「COOK FOR ME焼きおにぎり」。ニッスイが家庭用冷凍食品初となる焼きおにぎりを発売したのは1989年のことだ。

「当時、冷凍食品といえば弁当用の総菜を基本としながら、業界全体として米飯やめんを含むスナック(軽食)にも力を入れ始めていたころ。主流はピラフやチャーハンだったが、競合が多くトップをとるのは難しいと判断。そこで着目したのが焼きおにぎりだった」(家庭用食品部冷凍食品課の権田友和氏)

 独自性を出すため、まず炊いた白飯にしょうゆで軽く味付けしたうえで整形。そして表面にさらにしょうゆを塗って焼く設計に。大きさは70グラム(8個入り)。当時のコンビニおにぎりを参考にしたという。浸透はゆっくりだったが、1個単位で加熱できるので小腹満たしに最適。食器不用の手軽さも支持され、やがて人気は定着する。そこで94年、名前も新たにリニューアル。「大きな大きな焼きおにぎり」の登場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る