フマキラー「アレルシャット」はマスク不満層の強い味方

公開日:  更新日:

 花粉シーズンが到来だ。花粉対策の新定番といえば鼻用クリームとミストスプレー。そこでフマキラーの「アレルシャット」に注目したい。看板商品の「花粉 鼻でブロック」に加え、近年はスプレータイプの「花粉 イオンでブロック」が大ヒット。生活スタイルに合わせて多方向から対策できる商品構成で売り上げを大きく伸ばしている。

 2004年、ドイツ生まれの鼻用クリーム「花粉 鼻でブロック」を第1弾商品に「アレルシャット」は誕生した。クリームを鼻腔に塗ることで花粉をキャッチして、体内への吸入を防ぐという仕組み。明快だ。

「当時、花粉対策の主流はマスク。簡単手軽なマスクに対し、当商品は鼻の中に塗る。設定価格も当時1000円を超えていたため、販売店からは売りにくいとの声も上がっていた」(営業本部の兼安龍徳氏)

 だが効果には絶対の自信。なにしろドイツでは医薬品として使われているクリームだ。それでいて成分はリップクリームにも使われるワセリンなので、人体への影響はない。そもそも当時のマスクは、使用感や見た目において不満点も多く、「ニーズはあると確信していた」(兼安氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る