フマキラー「アレルシャット」はマスク不満層の強い味方

公開日: 更新日:

 花粉シーズンが到来だ。花粉対策の新定番といえば鼻用クリームとミストスプレー。そこでフマキラーの「アレルシャット」に注目したい。看板商品の「花粉 鼻でブロック」に加え、近年はスプレータイプの「花粉 イオンでブロック」が大ヒット。生活スタイルに合わせて多方向から対策できる商品構成で売り上げを大きく伸ばしている。

 2004年、ドイツ生まれの鼻用クリーム「花粉 鼻でブロック」を第1弾商品に「アレルシャット」は誕生した。クリームを鼻腔に塗ることで花粉をキャッチして、体内への吸入を防ぐという仕組み。明快だ。

「当時、花粉対策の主流はマスク。簡単手軽なマスクに対し、当商品は鼻の中に塗る。設定価格も当時1000円を超えていたため、販売店からは売りにくいとの声も上がっていた」(営業本部の兼安龍徳氏)

 だが効果には絶対の自信。なにしろドイツでは医薬品として使われているクリームだ。それでいて成分はリップクリームにも使われるワセリンなので、人体への影響はない。そもそも当時のマスクは、使用感や見た目において不満点も多く、「ニーズはあると確信していた」(兼安氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  3. 3

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  4. 4

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  5. 5

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  8. 7

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    都知事選の結果を見て、東京は「差別の都」なのかと思った

  11. 10

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

もっと見る