フマキラー「アレルシャット」はマスク不満層の強い味方

公開日:  更新日:

 花粉シーズンが到来だ。花粉対策の新定番といえば鼻用クリームとミストスプレー。そこでフマキラーの「アレルシャット」に注目したい。看板商品の「花粉 鼻でブロック」に加え、近年はスプレータイプの「花粉 イオンでブロック」が大ヒット。生活スタイルに合わせて多方向から対策できる商品構成で売り上げを大きく伸ばしている。

 2004年、ドイツ生まれの鼻用クリーム「花粉 鼻でブロック」を第1弾商品に「アレルシャット」は誕生した。クリームを鼻腔に塗ることで花粉をキャッチして、体内への吸入を防ぐという仕組み。明快だ。

「当時、花粉対策の主流はマスク。簡単手軽なマスクに対し、当商品は鼻の中に塗る。設定価格も当時1000円を超えていたため、販売店からは売りにくいとの声も上がっていた」(営業本部の兼安龍徳氏)

 だが効果には絶対の自信。なにしろドイツでは医薬品として使われているクリームだ。それでいて成分はリップクリームにも使われるワセリンなので、人体への影響はない。そもそも当時のマスクは、使用感や見た目において不満点も多く、「ニーズはあると確信していた」(兼安氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る