フマキラー「アレルシャット」はマスク不満層の強い味方

公開日: 更新日:

 花粉シーズンが到来だ。花粉対策の新定番といえば鼻用クリームとミストスプレー。そこでフマキラーの「アレルシャット」に注目したい。看板商品の「花粉 鼻でブロック」に加え、近年はスプレータイプの「花粉 イオンでブロック」が大ヒット。生活スタイルに合わせて多方向から対策できる商品構成で売り上げを大きく伸ばしている。

 2004年、ドイツ生まれの鼻用クリーム「花粉 鼻でブロック」を第1弾商品に「アレルシャット」は誕生した。クリームを鼻腔に塗ることで花粉をキャッチして、体内への吸入を防ぐという仕組み。明快だ。

「当時、花粉対策の主流はマスク。簡単手軽なマスクに対し、当商品は鼻の中に塗る。設定価格も当時1000円を超えていたため、販売店からは売りにくいとの声も上がっていた」(営業本部の兼安龍徳氏)

 だが効果には絶対の自信。なにしろドイツでは医薬品として使われているクリームだ。それでいて成分はリップクリームにも使われるワセリンなので、人体への影響はない。そもそも当時のマスクは、使用感や見た目において不満点も多く、「ニーズはあると確信していた」(兼安氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る