• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フマキラー「アレルシャット」はマスク不満層の強い味方

 花粉シーズンが到来だ。花粉対策の新定番といえば鼻用クリームとミストスプレー。そこでフマキラーの「アレルシャット」に注目したい。看板商品の「花粉 鼻でブロック」に加え、近年はスプレータイプの「花粉 イオンでブロック」が大ヒット。生活スタイルに合わせて多方向から対策できる商品構成で売り上げを大きく伸ばしている。

 2004年、ドイツ生まれの鼻用クリーム「花粉 鼻でブロック」を第1弾商品に「アレルシャット」は誕生した。クリームを鼻腔に塗ることで花粉をキャッチして、体内への吸入を防ぐという仕組み。明快だ。

「当時、花粉対策の主流はマスク。簡単手軽なマスクに対し、当商品は鼻の中に塗る。設定価格も当時1000円を超えていたため、販売店からは売りにくいとの声も上がっていた」(営業本部の兼安龍徳氏)

 だが効果には絶対の自信。なにしろドイツでは医薬品として使われているクリームだ。それでいて成分はリップクリームにも使われるワセリンなので、人体への影響はない。そもそも当時のマスクは、使用感や見た目において不満点も多く、「ニーズはあると確信していた」(兼安氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る