• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オンリーワン戦略とCM人気で急伸 「龍角散」の復活劇

 せきやたん、声がれ、のどの不快感をやわらげる家庭薬「龍角散」(第3類医薬品)に注目だ。根強いファンをもつ微粉末のオリジナルはそのままに、新たな主力となった顆粒タイプの「龍角散ダイレクトスティック」が新規ユーザーを獲得し快進撃を続けている。

「龍角散」は秋田藩の家伝薬が原点。江戸末期にその名が付けられ、1871年の創業と同時に一般発売を開始した。テレビ黎明期からCMを展開し「ゴホン!といえば龍角散」を訴求。1964年には社名も株式会社龍角散となり、右肩上がりの成長を続けた。

 ところが70年代に入ると一転。74年をピークに売り上げは減少の一途となる。現社長・藤井隆太氏が就任した95年当時、同社の負債は40億円。年間売り上げとほぼ同額で、まさに倒産の危機だった。原因を探ってみると売り方が時代のニーズとずれていることに気づく。そこで打ち出したのがオンリーワン戦略だ。風邪薬の代替品ではなく、「のどを守る」という絶対的な役割をもつのが龍角散ブランド。そのコンセプトでマーケティングに着手する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る