タカラ「焼酎ハイボール」は“甘さ控えめ”党の受け皿に

公開日:  更新日:

 夜の街はいま、昔ながらの大衆酒場がトレンドといわれるが、アルコール飲料における大衆酒場といえば宝酒造の「タカラ『焼酎ハイボール』」だ。昭和20年代後半の東京下町の大衆酒場で生まれたという元祖焼酎ハイボールの味わいを追求した辛口缶チューハイは、2006年の発売以来、2ケタ成長を続ける大ヒット商品。15年は前年比113%となる630万ケース(350ミリリットル×24本換算)を販売した。

 焼酎ハイボールは焼酎を炭酸で割ったもの。チューハイの語源にもなったといわれ、焼酎のトップメーカーである宝酒造は84年に「タカラcanチューハイ」を発売し、缶チューハイ市場を開拓した。その実績から、元祖焼酎ハイボールに目を向けるのも納得の展開といえるが、強炭酸でキレ味爽快な缶チューハイを発売するにあたっては当然、狙いがあった。

「当時チューハイ市場では、“甘さ控えめ”のニーズが高まる傾向にあり、また飲料市場においても無糖系飲料が流行するなど、飲料全般がスッキリ系に向かっていたことが決め手。ビール系飲料から離れつつある消費者の受け皿にもなると考えた」(環境広報部副部長の山崎耕太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る