タカラ「焼酎ハイボール」は“甘さ控えめ”党の受け皿に

公開日: 更新日:

 夜の街はいま、昔ながらの大衆酒場がトレンドといわれるが、アルコール飲料における大衆酒場といえば宝酒造の「タカラ『焼酎ハイボール』」だ。昭和20年代後半の東京下町の大衆酒場で生まれたという元祖焼酎ハイボールの味わいを追求した辛口缶チューハイは、2006年の発売以来、2ケタ成長を続ける大ヒット商品。15年は前年比113%となる630万ケース(350ミリリットル×24本換算)を販売した。

 焼酎ハイボールは焼酎を炭酸で割ったもの。チューハイの語源にもなったといわれ、焼酎のトップメーカーである宝酒造は84年に「タカラcanチューハイ」を発売し、缶チューハイ市場を開拓した。その実績から、元祖焼酎ハイボールに目を向けるのも納得の展開といえるが、強炭酸でキレ味爽快な缶チューハイを発売するにあたっては当然、狙いがあった。

「当時チューハイ市場では、“甘さ控えめ”のニーズが高まる傾向にあり、また飲料市場においても無糖系飲料が流行するなど、飲料全般がスッキリ系に向かっていたことが決め手。ビール系飲料から離れつつある消費者の受け皿にもなると考えた」(環境広報部副部長の山崎耕太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る