タカラ「焼酎ハイボール」は“甘さ控えめ”党の受け皿に

公開日: 更新日:

 夜の街はいま、昔ながらの大衆酒場がトレンドといわれるが、アルコール飲料における大衆酒場といえば宝酒造の「タカラ『焼酎ハイボール』」だ。昭和20年代後半の東京下町の大衆酒場で生まれたという元祖焼酎ハイボールの味わいを追求した辛口缶チューハイは、2006年の発売以来、2ケタ成長を続ける大ヒット商品。15年は前年比113%となる630万ケース(350ミリリットル×24本換算)を販売した。

 焼酎ハイボールは焼酎を炭酸で割ったもの。チューハイの語源にもなったといわれ、焼酎のトップメーカーである宝酒造は84年に「タカラcanチューハイ」を発売し、缶チューハイ市場を開拓した。その実績から、元祖焼酎ハイボールに目を向けるのも納得の展開といえるが、強炭酸でキレ味爽快な缶チューハイを発売するにあたっては当然、狙いがあった。

「当時チューハイ市場では、“甘さ控えめ”のニーズが高まる傾向にあり、また飲料市場においても無糖系飲料が流行するなど、飲料全般がスッキリ系に向かっていたことが決め手。ビール系飲料から離れつつある消費者の受け皿にもなると考えた」(環境広報部副部長の山崎耕太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る