東海漬物「こくうまキムチ」 日本人好みの味で市場をリード

公開日: 更新日:

 日本独自に進化を遂げたキムチが人気だ。

 市場をリードするのは東海漬物の「こくうまキムチ」。名前のとおり「コク」と「うまさ」にとことんこだわった白菜キムチは、ごはんに合うおいしさで支持を獲得。食べきりサイズの「プチこくうま」や大根を使用した「べったらdeこくうま」も揃えて、好調が続く。

 日本における市販キムチといえば従来、韓国伝統の製法でつくられた発酵タイプや辛味も少なくあっさりしたサラダタイプが主流だったが、こくうまキムチは熟成タイプ。ここが大きな特徴だ。スルメイカの墨汁とワタを発酵させた調味料「イカごろ」とかつおの内臓を原料とした「かつお魚醤」の合わせワザで濃厚なうまさを実現している。

 2000年発売の「熟うま辛キムチ」が前身。東海漬物は「きゅうりのキューちゃん」という国民的漬物ブランドをもつことから、「キムチのキューちゃんをつくりだせ!」とのかけ声のもとに誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る