東海漬物「こくうまキムチ」 日本人好みの味で市場をリード

公開日: 更新日:

 日本独自に進化を遂げたキムチが人気だ。

 市場をリードするのは東海漬物の「こくうまキムチ」。名前のとおり「コク」と「うまさ」にとことんこだわった白菜キムチは、ごはんに合うおいしさで支持を獲得。食べきりサイズの「プチこくうま」や大根を使用した「べったらdeこくうま」も揃えて、好調が続く。

 日本における市販キムチといえば従来、韓国伝統の製法でつくられた発酵タイプや辛味も少なくあっさりしたサラダタイプが主流だったが、こくうまキムチは熟成タイプ。ここが大きな特徴だ。スルメイカの墨汁とワタを発酵させた調味料「イカごろ」とかつおの内臓を原料とした「かつお魚醤」の合わせワザで濃厚なうまさを実現している。

 2000年発売の「熟うま辛キムチ」が前身。東海漬物は「きゅうりのキューちゃん」という国民的漬物ブランドをもつことから、「キムチのキューちゃんをつくりだせ!」とのかけ声のもとに誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る