• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東海漬物「こくうまキムチ」 日本人好みの味で市場をリード

 日本独自に進化を遂げたキムチが人気だ。

 市場をリードするのは東海漬物の「こくうまキムチ」。名前のとおり「コク」と「うまさ」にとことんこだわった白菜キムチは、ごはんに合うおいしさで支持を獲得。食べきりサイズの「プチこくうま」や大根を使用した「べったらdeこくうま」も揃えて、好調が続く。

 日本における市販キムチといえば従来、韓国伝統の製法でつくられた発酵タイプや辛味も少なくあっさりしたサラダタイプが主流だったが、こくうまキムチは熟成タイプ。ここが大きな特徴だ。スルメイカの墨汁とワタを発酵させた調味料「イカごろ」とかつおの内臓を原料とした「かつお魚醤」の合わせワザで濃厚なうまさを実現している。

 2000年発売の「熟うま辛キムチ」が前身。東海漬物は「きゅうりのキューちゃん」という国民的漬物ブランドをもつことから、「キムチのキューちゃんをつくりだせ!」とのかけ声のもとに誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る